• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

今回も、雨の日に聞きたい曲ということで、カーペンターズ Carpenters の「雨の日と月曜日は Rainy Days and Mondays 」をピックアップ。

フィフス・ディメンションのためにポール・ウィリアムズ Paul Williams とロジャー・ニコルズ Roger Nichols コンビが書いた曲を、デモ・テープを聴いたリチャードが気に入って取り上げたそうです。いい曲だとピンときたんでしょうね。前年にカヴァーした「愛のプレリュード We’ve Only Just Begun」と同じく、カレンのボーカルがピタッとハマってます。さすが、リチャード、わかってます。結果狙い通り、Billboard Hot 100で2位、イージー・リスニング・チャートでは4週間1位となるヒット曲になりました。

Carpenters – Rainy Days And Mondays (Official Video) 1991 Remix

Rainy Days and Mondays Carpenters 1971

Talkin’ to myself and feelin’ old
Sometimes I’d like to quit
Nothin’ ever seems to fit
Hangin’ around
Nothin’ to do but frown
Rainy days and Mondays always get me down

What I’ve got they used to call the blues
Nothin’ is really wrong
Feelin’ like I don’t belong
Walkin’ around
Some kind of lonely clown
Rainy days and Mondays always get me down

Funny, but it seems I always wind up here with you
Nice to know somebody loves me
Funny, but it seems that it’s the only thing to do
Run and find the one who loves me (the one who loves me)

What I feel has come and gone before
No need to talk it out (talk it out)
We know what it’s all about
Hangin’ around (hangin’ around)
Nothin’ to do but frown
Rainy days and Mondays always get me down

Funny, but it seems that it’s the only thing to do (only thing to do)
Run and find the one who loves me (ooh)

What I feel has come and gone before
No need to talk it out (to talk it out)
We know what it’s all about
Hangin’ around (hangin’ around)
Nothin’ to do but frown
Rainy days and Mondays always get me down
Hangin’ around (hangin’ around)
Nothin’ to do but frown
Rainy days and Mondays always get
Me down

提供元: LyricFind
ソングライター: Paul H. Williams / Roger S. Nichols
雨の日と月曜日は 歌詞 © Universal Music Publishing Group

なんかね。雨の日と月曜日は、ブルーな気分になる。だから、あなたに会いたくなるの。ってことでしょうか。誰しも同じ気分になったことはあるかと思います。

こちらの動画は、日本語訳詞付きです。

 

ポール・ウィリアムズ自身も、アルバム「Here Comes Inspiration」1974年で、この曲をセルフカヴァーしています。ちょっとクセのあるポールのボーカルもいいです。ぶろっこり みたいに、年齢を重ねると味わいも出てきますし。この枯れた感じが沁みます。

さりげない渋さでは、こちらも負けていません。アン・バートン Ann Burton のカヴァー。ジャージーなバラード・アルバム「雨の日と月曜日は Burton for Certain」2018年。


比べるのも何ですが。美しいメロデイを活かしたリチャードのアレンジに、この上なく優しいカレンのボーカル。やっぱり、こちらに軍配を上げざるを得ません。ロック全盛の時代に遅れてやってきたアメリカン・ポップスの精華。

以前、ロジャー・ニコルスとポール・ウイリアムズの特集したときに、この曲も紹介していましたが、今回もう一度取り上げました。ベタですが、雨の日と月曜日は、この曲を聞きたくなります。

 

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。#193

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。