• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

英検準1級・面接の練習を具体的に、解説します。

一次試験の結果がわかったら、すぐに、面接の練習を始めましょう!

面接をなめてはいけません!

ただでさえ難しい、一次試験に合格した人の、なんと20%が不合格なのです。

毎日、練習を忘れずに!

📕必要なもの

・問題集

・英検準1級面接大特訓(私は、教える時にこれを使っています。)

・スマホのアプリで大丈夫ですが、以下の機能が必要です

タイマー

テキスト付属CDを聞けるもの

ボイスレコーダー

 

 

面接の点数配分は、

ナレーション   4コマ漫画を説明    15点

Q1    イラストに関連した質問     5点

Q2     トピックに関連した質問     5点

Q3    トピックに関連した質問     5点

Q4     社会問題に関する質問      5点

アチチュード  積極性、発音、声、反応   3点

 

時間は、8分くらいで終わります。

 

 

各パートの攻略法

📕ナレーション

最も配点が高い部分!

次のQ1とセットの内容です。

 

問題カードを渡されて、1分間、4コマ漫画の内容を考える時間を与えられます。

 

はじめに必ず、アンダーラインが引いてある、

This is a story about …….

を読むこと。

 

 

場面、全体像を把握するため、

4コマ漫画を見て、全体的なストーリーの流れを理解します。

時間、場所、登場人物の表情、セリフ、をチェックしましょう

 

全て、過去形か過去進行形で話す

心理描写、時間(時計などの絵があります)を入れる。

英語は、シンプルでわかりやす表現で。

 

 

問題カードでアンダーラインが引いてある、  One day…….

などから話始める。

セリフの説明は、直接話法でOK.  She said,  ”  I  …..”

間接話法にすると、時制の一致で、頭が混乱します。

 

各コマ、2文から3文で話す。

黙ってしまわない。  and…..   so…..    など接続詞を使って埋める。

2分くらい。

 

ここでも、発音、文法、語彙が、得点の対象となります。

 

 

抽象的な日本語が、英語でわからない時は、

その言葉をシンプルな英語で、説明するように話す

この練習がとても大切です。

 

 

📕Q1 4コマ漫画を見て、答える問題

Please look at the third picture.   If you were the man, what would you be thinking?

何番目の絵かをよく聞く。

誰の事なのかをよく聞く。

 

 

あなたなら、どう考えるかと聞いているのであって、

この人物がどう考えているのかでは、ないことに注意。

 

正解はない!

 

仮定法で答える。

I would ( I’d)  be thinking, ” I  ……..”  と直接話法で大丈夫。

この簡単な箇所で、満点を取っておくために、

2文くらいにする。

Because ……..     or,     思っていることをさらに具体的に述べたりする。

 

 

 

📕Q2  📕Q3   カードに関する簡単な問題。 自分の意見を述べる。

Do you think…….     などが多いので、

まず、はっきり、Yes, I do.   No, I don’t.     と自分の立場を伝えてから、

サポートセンテンス、理由を述べる。具体例でもいい。

満点を取るためには、3文は話しましょう。

 

📕Q4  社会問題に関する質問

難し目の質問ですが、シンプルに答えて大丈夫。

ここも正解はありません

論理的に正しければ、何を話しても大丈夫です。、しゃべれば点数になります😀

あなたが、英語で答えやすい意見を述べましょう。

 

しかし、この問題が英検の中で、私の一番好きな問題です。

英検1級になると、この社会問題に関することが、ほとんどです。

いつも、

世界で今、何が起こっているのか、

にアンテナを立てて、

人種問題、男女同権問題、気候変動、貧富の格差、

これらのことを自分自身の問題として、関心を持っていることが大切です😀

 

 

逆に、英検1級の勉強をしていて、社会問題に関心がわくようになり、

それまで、ぼんやり過ごしていて、モノクロの世界に住んでいたのが、

フルカラーの世界に目が開かれていった、

と言う人もいるくらいです😀

 

 

試験官と良い雰囲気のコミュニケーションをとる!

📕アティチュード、

沈黙しないこと。「えーと」は、言わない。

Well,   Let me see.などを使って、試験官と自然な会話をすること。

 

明るく、はっきりした声で、堂々と話しましょう。

試験官も人間です。

笑顔で、話してくれる受験者に好感を持つのは、当然です。

また、それが英会話というコミュニケーションの大切なところでもあります。

 

 

 

毎日、この流れを、練習する。

本番は、緊張するので、毎日、同じ問題集を何回もするくらいの気持ちで、英語を口にするのが普通という状態にしておく。

 

 

📕ボイスレコーダーで録音

週に1度くらい、自分の声を録音して、聞いてみる。

セルフチェックで実力はアップします。

自分で、自分の間違いや、こう言った方がいいなど、分析すると、

さらに英会話力が磨かれる。

 

 

📕毎日、リスニングを必ずする。

面接は、自分が話すだけでいいのではと、思いがちですが、

意外と!

面接官の英語が聞き取れなかったという人も多いのです。

 

あくまで、面接は試験官とのコミュニケーションであることを忘れないようにしましょう。

相手の言うことを聞き取る、リスニングは必須です。

 

 

日本語をそのまま英語にしない!

英検準1級に必要な語彙数は、 7,500〜9,000語(約 8,000語)ですが、

 

なんとこれは、

ネイティブの6歳くらい、

 

ネイティブの10歳は、15,000語を操っています。

これは、英検1級レベルの単語量です。

 

大人の語彙数は、日本人の日本語も、英語ネイティブの英語も、

27,000語〜 40,000語くらい

 

だから、私たちが、約3万語の日本語で自然に話していることを、

8千語で話すということなのです。

 

つまり、大人の語彙数で考えたことを、

6歳の子どもの語彙数で話すということなのです。

 

だから、プライドは捨てて、

6歳の子どもなら、どんな風に表現するかなという感覚で、話してもいいのではないでしょうか?

 

日本語は、特に抽象的な言葉をよく使いますので、

それを、具体的に話すのが英語です。

 

例えば、

「被災地」でボランティアをしたい。

を英語で言いたい時も、

「被災地」って、英語の単語、なんだったっけ。。。。。

 

これだけで、5分とか考え込む人もいますが、

 

「被災地」を、6歳の子どもだったら、どんな風に言うかなという気持ちで、

シンプルな英語で表しましょう。

 

I’ll be a volunteer at a disaster site

と日本語をそのまま訳すと、ちょっと不自然な表現になってしまいます。

 

I’ll visit the earth quake and tsunami-hit areas in Tohoku.

と言う方が、具体的でイメージしやすく、伝える相手にもわかりやすい、丁寧な表現です。

 

シンプルな英語は、聞き手に対しても、

思いやりのある表現なのです。

 

 

では、今日からすぐ実践して、合格をゲットしてくださいね😀

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

 

 

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。