• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

先日、人気沸騰中の細田守監督アニメ、「竜とそばかすの姫」と見に行きましたが、

その後、怒りに近い、イライラした気持ちを感じてしまい、

レビューを書くことができませんでした。

 

 

歌の美しさに、涙が出ましたが、

それもすぐに乾き、

いつも、

良い映画を見た後に感じる、心の満足感がありません。

 

 

 

レビューを見てみると、

なんと3.2くらいの低さ❗️

 

 

どうして?????

 

 

低いレビューをつけている人たちの文章を読んでいて、

私も、言葉にならなかった、自分の中のモヤモヤがはっきりとしてきました。

 

 

私が、一番、怒りを感じたのは、

主人公の少女「すず」が、

そばかすの可愛くない女の子という設定そのものです。

 

 

外見で、キャラクターを設定すること自体に怒りを感じました。

 

 

一番の親友は、

「あなたが誰とも話せず、一人ぼっちだから、私が友達になってるのよ。」

と上から目線。

 

 

そんなのって、友達ですか?????

 

 

VRの世界では、

「すず」は、美しい歌姫のBELLとして、

もてはやされています。

 

 

そして、クライマックスでは、

問題を解決するために、

「(可愛くない)真実の自分を、みんなに披露するんだ❗️」

と、「すず」に告げる、ボーイフレンド。

 

 

「(可愛くない)姿をさらしたら、もうBELLとしての名声が失われてしまうから、

やめなさい❗️」と叫ぶ、親友?の女の子。

 

 

美人でなければ、人に愛されない?

 

 

そんな物語のメッセージに、怒りを感じました。

 

 

どんな人も美しいというのが、

究極のダイバーシティではないのでしょうか?

 

 

VRの世界で、BELLのファンだった人たちは、

彼女の歌ではなく、外見(ディズニーのプリンセス)を愛していたのでしょうか?

 

 

また、美しいかどうかというのは、

セルフエスティーム

(ありのままの自分を大切に思うこと)に、

深く関わります。

 

 

ありのままの「すず」が、美しいんだよ!

 

友達なら、

恋人なら、

それを伝えるべきだと思います。

 

 

他にも、危険なメッセージがたくさんありましたので、

次回に続きます。。。。。。

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。