• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

今回は、「ロンリー・ハート Owner Of A Lonely Heart」 イエス Yesをピックアップ。

プログレッシブ・ロックの人気バンド・イエスが解散、再結成後に全米1位を獲得したナンバー。この曲は、イエスが唯一全米Billboard Hot 100で1位を獲得した作品です。プログレッシブ・ロックのシングル曲がNo.1を獲得するって、あまり聞いたこと無いなあ。もちろん、アルバムもかなり売れましたね。

YES – Owner of a Lonely Heart (Official Music Video)

Owner of a Lonely Heart YES 1984

Move yourself
You always live your life
Never thinking of the future
Prove yourself
You are the move you make
Take your chances, win or loser
See yourself
You are the steps you take
You and you, and that’s the only way
Shake, shake yourself
You’re every move you make
So the story goes

Owner of a lonely heart
Owner of a lonely heart
(Much better than a)
Owner of a broken heart
Owner of a lonely heart

Say, you don’t want to chance it
You’ve been hurt so before
Watch it now
The eagle in the sky
How he dancin’ one and only
You, lose yourself
No not for pity’s sake
There’s no real reason to be lonely
Be yourself
Give your free will a chance
You’ve got to want to succeed

Owner of a lonely heart
Owner of a lonely heart
(Much better than a)
Owner of a broken heart
Owner of a lonely heart

Owner of a lonely heart

After my own indecision
They confused me so
Owner of a lonely heart
My love said never question your will at all
In the end you’ve got to go
Look before you leap
Owner of a lonely heart
And don’t you hesitate at all, no no
Yow!

Owner of a lonely heart
Owner of a lonely heart
(Much better than a)
Owner of a broken heart
Owner of a lonely heart

Owner of a lonely heart
Owner of a lonely heart
(Much better than a)
Owner of a broken heart
Owner of a lonely heart

Owner of a lonely heart

Sooner or later each conclusion
Will decide the lonely heart
Owner of a lonely heart
It will excite, it will delight
It will give a better start
Owner of a lonely heart

Don’t deceive your free will at all
Don’t deceive your free will at all
Owner of a lonely heart
Don’t deceive your free will at all
Just receive itJust receive it
(Owner of a lonely heart)

提供元: LyricFind
ソングライター: Trevor Rabin / Trevor Horn / Jon Anderson / Chris Squire
Owner of a Lonely Heart 歌詞 © Warner Chappell Music, Inc, Downtown Music Publishing, BMG Rights Management, Carlin America Inc

ロンリー・ハート 対訳 藤井律子

自分で動け
生きるのはいつだって自分の人生
未来のことも考えず
自分の証を見せろ
自分が自分を造り出す
勝っても負けてもいい 勝負をかけるんだ

自分を見ろ
歩む道は自分で切り開け
それしかないんだ

自分を揺さぶれ
自分の行動で自らを造り出す
そして 世間ではこう言われる

孤独な心の持ち主
孤独な心の持ち主は
ずっといい
傷ついた心の持ち主より
孤独な心の持ち主の方が

口にするんだ リスクを背負うのは嫌だと
これまでにもう充分君は傷ついた

見るんだ
空を飛ぶ鷲が
孤独に踊る様を
自分を見失ってしまえ
どうしてもとは言わないが
孤独でいる本当の理由なんかない
自分自身でいるんだ
その自由な気持ちにチャンスを与えろ
勝利を夢見なくてはいけないんだ

孤独な心の持ち主
孤独な心の持ち主は
ずっといい
傷ついた心の持ち主より
孤独な心の持ち主の方が
孤独な心の持ち主

優柔不断のおかげで
他人にずいぶん惑わされた
自分の気持ちなんか問いただすなと 僕の心が言った
最後には突き進まなくてはならない
飛び出す前によく見ろ
そして絶対ためらってはいけない

孤独な心の持ち主
孤独な心の持ち主は
ずっといい
傷ついた心の持ち主より
孤独な心の持ち主の方が

遅かれ早かれ どんな結論も
孤独な心へと導かれるだろう
そのほうがいい そのほうが楽しい
そのほうがより良いスタートが期待できる

自分の自由な気持ちをごまかすな
ありのままを受け止めろ

歌詞と訳を見ていて思ったんですが、この歌詞訳せはするんだけど、結局全体として何が言いたいのか分からないと感じました。

ぶろっこり が迷ったのが、サビのフレーズとその他の歌詞の関係です。

元々の英語の lyric も、Much better than a の部分はコーラスなので、次のような表記になっているものもあります。

Owner of a lonely heart
Owner of a lonely heart
(Much better than a)
Owner of a broken heart
Owner of a lonely heart

( )を無視して、Much better than a broken heart とすると、broken heart よりも lonely heart の方がいいと言っている感じですよね。心が傷つくよりも、孤独な方がずっといい という意味になります。

ところが、他の歌詞では、勝っても負けてもいいから勝負しろ、自分で道を切り開けと言っています。

Move yourself
You always live your life
Never thinking of the future
Prove yourself
You are the move you make
Take your chances, win or loser

けれどチャレンジや勝負をして負けたら broken heart になりそうにも思えます。
ということは、 lonely heart よりも broken heart の方がいいと言うことです。

サビのフレーズは倒置した表現と捉えて、Much better than a lonely heart とすると、lonely heart よりも broken heart の方がいいとなって、他のところと繫がる感じはしますが。正直スッキリしません。

So the story goes そういうことになっている 世間ではそういう

この部分も、どちらの方を指しているのかなぁ?

Watch it now
The eagle in the sky
How he dancin’ one and only

というところも lonely = one and only と肯定的に捉えて、「孤高の志」というようなことを表現していると考えることもできますが。
この他にも、どっちなの?と思う表現があります。

Look before you leap        飛ぶ前によく見ろ考えろ
And don’t you hesitate at all, no no 躊躇するな

この部分も単純に考えると反対の意味ですよね。

うーん。誰か 教えてください。

 

さて、「ロンリー・ハート 90125」は、解散していたイエスの再結成アルバムとして1983年に発表されました。ぶろっこり も、ポップなサウンドに、最初プログレのYESの作品とはとても思えなかった記憶があります。交代が激しいYESのメンバーですが、この時は、ジョン・アンダーソン John Anderson(ヴォーカル)、クリス・スクワイア Chris Squire (ベース)、トレヴァー・ラビン Alan White(ヴォーカル、ギター)、アラン・ホワイトTrevor Rabin(ドラムス)、トニー・ケイTony Kaye(キーボード)の5人でした。それよりも特筆すべきなのは、プロデュースをおこなったトレヴァー・ホーンです。オーケストラル・ヒットと呼ばれるサンプリングやリバーヴなどが曲の持ち味である不思議な感じを創っています。マイケル・ジャクソンの「BAD」の冒頭で使われているのが有名です。少し注意して聞いてみてください。

 

 

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。#231

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。