• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日ご紹介するのは2014年公開、ジョン・ファヴロー監督の映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』です。

一流レストランの料理人カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)はオーナー(ダスティン・ホフマン)と衝突。創造性に欠ける料理を作ることを拒み、店を辞めてしまう。マイアミに行ったカールは、とてもおいしいキューバサンドイッチと出会い、元妻(ソフィア・ベルガラ)や友人(ジョン・レグイザモ)、息子(エムジェイ・アンソニー)らとフードトラックでサンドイッチの移動販売を始めることにする。

皆さんSNSは使っていますか?Twitter、Facebook、Instagramなどなど古今東西様々なSNSが使われています。毎日数百万の投稿が飛び交い、猫の画像や重大ニュース、時短テクから人生哲学、良いことから悪いことまで実に多様です。

とりわけよくバズる(流行る)のが料理の投稿。美味しいお店、簡単レシピなどなど昨今の食のトレンドを作り出しています。今回ご紹介する『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』はそんな料理会を取り巻くSNSとそれに翻弄される料理人をコミカルでハートフルに描くヒューマンドラマです。

店を辞めついでにTwitterで炎上してしまったシェフが再起をかけフードトラックで息子とともにキューバサンドを売る旅に出る物語。
接客の仕方から料理の基本まで様々なことを教えていくうちに離れ離れになってしまった親子の絆を取り戻していく姿に心打たれます。

店が流行る裏にはネットがある。そんな今どきの世相も上手く反映されていて美味しそうな料理の数々に心も踊らさられる傑作です。監督と主演がアイアンマンで監督とハッピー役を務めたジョン・ファヴローということもありアベンジャーズでお馴染みのキャストが勢ぞろいしているのも見どころです。

  • 是非一度ご覧になってはいかがでしょうか。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。