• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

今回は、ジャズのスタンダード・ナンバーとして知られ、ポップス、ロックなど幅広いジャンルでも歌われている「サマータイム Summertime」をピックアップ。

この曲。みなさんが、初めて聞いたのはいつ頃でしょうか?そして、それを歌っていたのは誰だったでしょうか。覚えていらっしゃいますか。

元々は、ジョージ・ガーシュウィン George Gershwinが書いた、ミュージカルの先駆と言われるオペラ「ポーギーとベス Porgy and Bess」1935年 の中で歌われるアリア「サマータイム Summertime」がオリジナル。作曲者自身が「黒人以外が歌うことを禁ずる」と言ったように、黒人スラム街を舞台に黒人のみのキャストで上演するという画期的なオペラでした。

映画「ポギーとベス Porgy and Bess」1959年より、ダイアン・キャロルの「サマー・タイム Summertime」。オペラのアリアっぽい。

Summertime 1935

Summertime
And the livin’ is easy
Fish are jumpin
And the cotton is high
Oh your daddy’s rich
And your ma is good lookin’
So hush little baby
Don’t you cry
One of these mornin’s
You’re goin’ to rise up singin’
Yes you’ll spread your wings
And you’ll take to the sky
But til’ that mornin’
Theres nothin’ can harm you
With daddy and mammy
Standin’ by
Summertime
And the livin’ is easy
Fish are jumpin’
And the cotton is high
Oh your daddy’s rich
And you ma is good lookin’
So hush little baby
Don’t you cry
提供元: Musixmatch
ソングライター: Ira Gershwin / George Gershwin / Dorothy Heyward / Dubose Edwin Heyward
サマータイム 歌詞 © Emi April Music Inc., Emi Blackwood Music Inc., Justin Combs Publishing Company Inc., Janice Combs Publishing Inc., B-day Publishing, Phoenix Ave Music Publishing, Angela Beyince Music, Nokawi Music

オペラの第1幕冒頭で、生まれたばかりの赤ん坊にクララが歌いかけるブルース調の子守唄である。前半の「夏になれば豊かになれる、魚は跳ねて、綿の木は伸びる。父さんは金持ち、母さんはきれい。だから坊や、泣くのはおよし…」では、歌詞とは裏腹に1920年代のアメリカの黒人たちの過酷な生活が反映されているが、後半の歌詞では、「ある朝、お前は立ち上がって歌う、そして羽を広げて飛んでいく…」という子供の成長を祈る内容になっている。      Wiki より

数多くのミュージシャンがカヴァーしていますが、ぶろっこりが初めて聞いたのはこれでしょう。1936年にビリー・ホリデイ Billie Holiday がヒットさせたジャズ・ヴァージョン。強烈な印象を残してくれました。たぶん、以前にラジオなどで聞いたこともあったと思いますが、ジャズ・ヴォーカルのコンピレーション・レコードでステレオ・セットの前で正座して聞いて、圧倒されました。いや、こんな唄い方があるんだ。って。

ジョン・コルトレーン John Coltrane のアルバム「マイ・フェイヴァリット・シングス My Favorite Things 」1960年 に収録された演奏も有名です。ぶろっこりもこのアルバムもってます。

1990年にグラミー賞をもらったハロリン・ブラックウェル(Harolyn Blackwell)が授賞式で歌って、さらに有名に。

Harolyn Blackwell sings Summertime on Grammy Awards

 

ロックでは、ジャニス・ジョプリンJanis Joplin が歌うブルース・ロック風のカヴァーも有名です。アレンジも独特で、歌詞も変えて唄っています。

「サマー・タイム」はゴスペルの「時には母のない子のように Motherless Child」をベースにして作曲されており、マハリア・ジャクソン Mahalia Jackson はメドレーとして歌っています。

MAHALIA JACKSON ~ Summertime/Motherless Child

こう見てくると、どれも心にずしんとくる内容で何度もくりかえし聞きたくなってしまいます。

今度は、誰のサマータイムを聞きましょうか。

 

 

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。#

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。