• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    佐々木俊尚

     

    先日、ともだちに、Facebookを勧めた時

    「あんな風な、自分はこんなことしましたって、おおっぴらに(?)言うのは好きじゃない。」

    と言われてしまいました。

     

    そんな時に、偶然、ネットの記事で佐々木俊尚さんの

    「10年後のコミュニケーションはどうなる」という

    インタビュー記事に出会いました。

     

    佐々木俊尚さんと言えば、

    Twitterのフォロワー数が80万人という

    IT、SNSの最先端を行く 執筆家・ジャーナリスト

    (わたしもフォローしてます😄🌟)

     

    佐々木さんは、

    Facebookについて、次のように書かれていました。

     

    『Facebookを使っていない人は「食べ物を自慢する場所」なんて揶揄するけど、それは大きな誤解。本質は、持続的な人間関係を支える装置…

    Facebookをやっていると、友人の近況がわかるので、数年ぶりにあっても久し振りな気がしない。また、その友人の人間関係や趣味嗜好がわかるので、どういった人間かを知ることができる。』

     

    本当に、その通りです。

    職場でとなりに座っている人より、

    Facebookで、気の会う人の方が、趣味や、特技や、何に関心を持っているか、わかってることもあります。

     

    昔、電話ができた時はどうだったでしょう?

     

    それまでは、目の前にいる人としか話ができなかったのに

    場所を飛び越えて、遠くの人と話せるようになったんです。

     

    そして、今では、Facebook、Instagram, Twitter, などのSNSで、

    時間も飛び越え、国も飛び越え、年齢も飛び越えて

     

    気の会う人とつながることができる

    好きな人とつながることができる

     

    同じ町の人としか知り合えなかった時代、

    同じ職場の人としか、知り合えなかった時代、

     

    そこでは、お金持ち、社長、校長、目上の人、年が上の人

    という縦の人間関係が生まれてしまいました。

    そんな人間関係を

    マウンティングと佐々木俊尚さんは呼んでいます。

     

    わたしも、Facebookで、宝物のようなともだちに出会っています。

     

    これまでのような、大企業、公務員などで安定していれば安心

    という時代は終わりました。

     

    たったひとつの職業に、頼る時代は終わりました。

     

    また、退職後も、医療の発達で

    人生100年時代を元気に生きていく時代です。

     

    退職後も、たのしく、すてきなコミュニケーションを通して

    仕事をしていくためにも、

     

    新しいかたちのコミュニケーションで、

    人は、つながっていくのだと思います。佐々木俊尚

     

     

     

     



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。