• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    【ルルがいた頃🐱】

    白い猫

    今日は、お友だちの御母様が亡くなられ、たいへん悲しい思いをされています。

     

    わたしも、父が亡くなったときは、本当に悲しかったです。

     

    そして、かわいがっていた、猫のルルがなくなったときのことも思い出しました。

     

    白い華奢な猫のルル、

    娘がそれはそれは、かわいがっていて、

    もう弱って歩けなくなった、ルルの横で毎晩寄り添って寝ていました。

    少しずつ、スポイドでお水を飲ませて。

     

    毎日、仕事から帰ってくるときは、まだだいじょうぶかなあと心配していました。

     

    ある日、帰ってきたとき

    ルルが、よろよろと歩きながら、廊下で倒れました。

    その日の夜も娘は寄り添って寝ていました。

     

    次の日の朝、娘と一緒に仕事に出かけようとしたとき

    この頃は、「あまり動き回って体力を消耗させないように」という

    動物病院の先生のアドバイスで

     

    猫用のバスケットに入れていました。

     

    家のドアを閉めるとき、

    わたしは、ルルが

    バン!!と、大きな音で、猫用のバスケットのふたにぶつかる音を聞きました。

     

     

    そして、その日の夕方、先に帰った私はルルが亡くなっているのに気づきました。

     

    娘は、玄関先で待っていた私の顔を見て、

    ルルが亡くなったとわかった様子で、

     

    肩をふるわせて泣き始め

    「いやだ!いやあ!」としばらく家に入れませんでした。

     

    わたしは、自分の悲しみよりも

    娘が悲しんでいることが、かわいそうで、かわいそうで、涙がとまりませんでした。

     

    それから、しばらくたって、

     

    娘がルルのことを静かに話してました。泣きながら。

    「わたしたちと一緒にいて、ルルちゃん、幸せだったかなあ。

    ルルちゃん、ゆっくり、ゆっくり、死んで行ってくれたんだよね。」と。

     

    ペットは家族と同じです。

     

    その悲しみは、身体が冷たく感じるほど、つらいものです。

     

    庭の片隅に、お墓を作って深く深く埋めてあげました。

     

    今では、その庭の片隅に、

    ほんとうに、白い華奢な花が群れて咲いています。

     

    ルルの魂だと思っています。

     

    その数ヶ月後に出会った次の猫、優しく美しいユリが、わたしたちの心を癒してくれました。

     

     



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。