• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    ショーシャンクの空に

    「ショーシャンクの空に The Shawshank Redemption」を授業で鑑賞して、スクリプトワークシートを英語読解のプリントとして教えています。

    「ショーシャンクの空に」は、スティーブン・キングの、珍しいホラーではない作品です。中編「刑務所のリタ・ヘイワース」を元に、監督・脚本 フランク・ダラボン、出演 ティム・ロビンス、モーガン・フリーマンなどにより、素晴らしい🌟名作となっています🌟

    わたしの大好きな映画の一つで、最後の30分を、繰り返し、繰り返し、見ていました😃

    ショーシャンクの空に

    久しぶりに、「ショーシャンクの空に」を見て、数年前とは違った視点が心に残りました。

    アンディが、刑務所に図書館を作ってもらえるように

    行政に、毎週、手紙を書き続けるところです。

     

    なんと、6年間、手紙を書き続け、

    山盛りの本と予算が、行政からアンディたちの刑務所に届きます❗️

     

    6年間❗️

     

    アンディは、「たった6年で、願いが叶ったよ」と❗️

     

    さらに、3年間、「この予算では足りない」ことを、訴え続け

    ついには、刑務所内に、素晴らしい図書館ができます。そこでは、音楽を聴くこともでき、卓球台まで、用意されます。

    そして、刑務所長は、受刑者たちに、更生に向けての良い施設を作ったことを表彰されます。

     

    6年間❗️

    さらに3年間❗️

    最終的には、19年間❗️

     

    習慣の力のすごさに、感動しました❗️❗️❗️

    毎日、あきらめずに、がんばろうと思いました。

     

    アンディが、

    「たとえ刑務所にいようと、人の心の中には、誰にも奪えないものがある。

    それは、『🌟希望🌟』だ。」

    というシーンが圧巻ですね。

     

    “Hope.”   “Hope is a good thing.”

     

    みなさんも、ぜひぜひ、「ショーシャンクの空に」を見て、希望を持つことの素晴らしさ、少しずつ努力を続けることの感動を味わってみてください😃💕🌟💕🌟

    授業で使えるワークシートは、こちらからどうぞ

    📖ショーシャンクの空にワークシート

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。