• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる

アリータ・バトルエンジェル

4DX3Dで、見てきました😃💕🌟💕🌟

 

とっても可愛い女の子が、すごく強い❗️という映画でした(笑)

アリータ・バトルエンジェル

 

木城ゆきとさん原作の日本のSF漫画「銃夢(ガンム)」の映画化です。

銃夢 ガンム

長年にわたりこの漫画を映画化したいと熱望していたジェームズ・キャメロンの脚本・製作ということですが、

 

「銃夢(ガンム)」は、アメリカでも人気の漫画なんですね〜!!!

タイトルもかっこいいですね❗️

 

監督は「シン・シティ」「スパイキッズ」のロバート・ロドリゲス。

 

私は、SFファンなので、絶対に見る映画ですが、実はなんとなく、あまり期待していませんでした。

 

もちろん❗️映像は、とても綺麗です。

バトルシーンは、4DX3Dにぴったりの、アミューズメント・パーク感覚で楽しめます。

娘は、映画全体の雰囲気が、よかったあ😃と言ってました😃

 

グロいというレビューもありますが、佐藤健主演の邦画、「亜人」に比べると、怖い映画苦手の私でも見ることができる程度でした。

なぜ、「亜人」を思い出したかというと、敵を倒すシーンがそっくりの手法だったからです。

亜人

 

アリータの第二の父親役、オスカー俳優のクリストフ・ワルツは、とても感じが良かったです。

 

ボーイフレンド役のキーアン・ジョンソンは、あまりインパクトがなくて、どうしてアリータが彼を好きになるのかが説得しにくいのでは?と思ってしまいました。ごめんなさい、キーアン💦

 

空中都市は、洋画「エリジウム」を思い出しました。

エリジウム

 

でも、街が狭い、空中都市が狭い、場面が狭い、うーん(×_×)

 

 

原作を読みたい!!!と思ったのは、

 

ストーリーが、長〜〜〜い物語の一部分のような感じだったからです。

 

300年前に、火星と地球の激しい闘いがあった………???

登場人物がさらっと話して終わりです。

 

人類が火星に住んでたの?

なぜ、闘いがあったの?

なぜ、人類が勝ったのに、こんなゴミ置き場みたいな街で暮らしてるの?

 

原作を読みたい!!!

 

そして、空中都市「ザレム」って、どうしてそんなにいい場所なの?

 

娘が言った一言が面白かったです。

「気になったのは、

あのすごい化学兵器や宇宙船を使った戦争の

300年後❗️の未来の設定なのに、

若者たちをはじめ、みんなのファッションが今と同じか古いのはなぜ???

 

バイクに乗るのに、あの革ジャンは、ちょっとねー。

300年後の未来だったら、もっとフリースの進化したみたいな、

防風機能が優れた、かっこいい服になるんじゃないのかなあ」

 

なるほど〜❗️ そこには、気づかなかった。

そういえば、街並みも中世の街並みみたいだったなあ。

 

でも、可愛い女の子が、とっても強い❗️映画です。リピート(笑)

ぜひぜひみなさんの感想をお聞かせください😃

 

 

 

 

 

 

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。