• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日ご紹介するのは2013年公開ロン・ハワード監督の映画『ラッシュ/プライドと友情』です。

 

 

性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)が激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故に遭遇し、深いけがを負う。復活は無理だと思われたがわずか6週間でレースに復帰し、日本の富士スピードウェイでのシリーズ最後のレースに臨む。

『ビューティフル・マインド』のロン・ハワード監督が、実話をもとに1976年の伝説ともいえるF1シリーズを描いたヒューマンドラマ。

 

 

なんといってもこの映画、F1やモータースポーツに興味がない人にこそ見てほしい傑作である。もちろん、レースシーンも素晴らしく70年代のF1シーンの迫力と興奮がリアルに再現されている。今とはまったく違う骨太なF1マシンたちがサーキットを駆け抜けるシーンは一瞬も見逃すことはできない。一方で、レーサーやそれを支える周囲の人々の人間ドラマにも注目である。レースに生きる2人の男たちの壮大な人生模様は圧巻である。当時のレースシーンというのは今に比べると安全性はほぼ皆無であり、レーサーたちは明日死ぬかもしれぬ恐怖の中生きていた。そんな中、冷静沈着で論理的なニキ・ラウダは家族を第一に考え、一方、野性的で豪快なジェームス・ハントはその日その日を最高の楽しみとしながら自由奔放に生きていた。自身とは相反するライバルレーサー同士の緊張と興奮の駆け引きと、伝説となる76年のF1シリーズの一部始終を体感できる素晴らしい作品です。ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。