• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

私はずっと、教えることを仕事にしています。

そして、思うことは、
教育は、「小手先のスキルではできない❗️」
ということです。

教育には、マニュアルはない❗️ということです。

生徒が、集中しないときは、
「〜〜〜」と言えば、集中するようになる。

という、誰にでも簡単にできる方法はないのです。

たとえ子どもでも、大学生でも、
対等の人間として、どう向き合うのか?
という

「哲学」が必要だと思います。

私にとっての「哲学」とは、

ひとりひとりの、かけがえのない、人生の物語です。

教師は、生徒たちを見るときに、
彼らが生きていく物語を紡いでいく様を、
一緒に、楽しんでいく存在だと思います。

その物語が、命を持って動き始めるときに、
学習が、生徒たちのものになっていき、
人として、成長していくのだと思います。

その、ひとりひとりの命に、どこまで寄り添えるか、
それが教師の力量です。

この宇宙の限られた時に、場所に、生まれて、
お互いに出会えたという奇蹟❗️

それを教師がどれだけ受け止められるか。

とても難しいけれども、

素晴らしい仕事だと思います😃💕🌟💕🌟

 

 

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。