• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

ただの洋楽好きのオジサン ぶろっこり が、気ままにおすすめの洋楽をお届けしている 🎶今週の洋楽🎶 。

今回は、ポール・ウィリアムズ Paul Williams のアルバム「サムディ・マン Someday Man」と「オールド・ファッションド・ラブ・ソング Just An Old Fashioned Love Song 」から、名曲をピックアップ。

ロジャー・ニコルスは、1967年までにいくつかのグループでアルバムやシングルを発表しましたが、ほとんど売れませんでした。そこで、ソングライターに転向します。ちょうどその頃、俳優をやめてソングライターを始めたポール・ウィリアムスと出会って意気投合しコンビとして曲を作るようになります。このコンビは、短い間だったのですが、数多くの名曲を生むことになりました。

その一方で、ポール・ウィリアムス自身も、数枚のソロアルバムを発表しています。派手ではありませんが、美しい曲がいくつもあって、繰り返して聞いてしまいます。そのためでしょうか、たくさんのミュージシャンにカヴァーされているので、聞き比べてみたいと思います。

1970年 「Someday Man」

全作ロジャー・ニコルス&ポール・ウィリアムスの珠玉のメロディ。プロデュースはロジャー・ニコルス。ハル・ブレイン(ドラムス)、ジョー・オズボーン(ベース)、ラリー・ネクテル(キーボード)のダンヒル・リズム・セクションと呼ばれたレッキング・クルーの最高の演奏。すべてが素晴らしい。もちろん、ポールの個性的な声と引き込まれるボーカルも忘れてはいけません。
Someday Man Paul Williams
「Someday Man」。なんといっても素晴らしいベースの響き、そしてテンポが少しずつ変化していくアレンジなどは、いつ聴いても新鮮です。

モンキーズ The Monkees のヴァージョン。アルバム「インスタント・リプレイ」(1969年)に収録されシングル・カットされてます。3人になってしまったころのモンキーズ。モンキーズは、オーディションで集められたグループというのは知られた話ですが、実は、ポール・ウイリアムズもそのオーディションを受けていて選ばれなかったというエピソードもあります。

 

Someday Man Paul Williams 1970

Some people always complain that their life is too short so they hurry it along
Their worries drive them insane but they still go along for the ride
As for me
I have all the time in the world
I was born
A someday man
I’m a maybe child
I was born
A someday man
I was always wild
Tomorrow’s a new day, baby
Anything can happen
Anything can happen at all
Some folks are working for reasons and waiting for answers they’re never
gonna find
They keep on searching for pleasures and looking for what they can’t see
But for me
Life can be a sweet holiday
I was born
A someday man
I’m a maybe child
I was born
A someday man
I was always wild
Tomorrow’s a new day, baby
Anything can happen
Anything can happen at all
I was born
A someday man
I’m a maybe child
I was born
A someday man
I was always wild
I was born
A someday man
I’m a maybe child
I was born
A someday man
I was always wild

提供元: LyricFind
ソングライター: Paul H. Williams / Roger S. Nichols
Someday Man 歌詞 © Universal Music Publishing Group

 

その他にも3曲目「She’s Too Good to Me」はホセ・フェリシアーノ、7曲目「To Put Up with You」はサンドパイパーズがカヴァーしています。カーペンターズの名演奏で有名なハル・ブレイン、特徴の手数の多いおかず(フィルイン)もタップリと聴けます。(^_^)

すばらしい曲ばかりのアルバムだったのですが、興行的にはあまり売れずに、コンビを解消するきっかけの1つになってしまいました。もったいない。

 

1971年 「Just An Old Fashioned Love Song 」

山下達郎氏も、「本当によく聞いたアルバム。ドラム・ベース・ギター、キーボードの4リズムと歌というシンプルなオケでレコーディングされているが、あまりの演奏のうまさに今聴いてもただ、唖然とするアルバム」と絶賛しています。

愛のプレリュード We’ve Only Just Begun

カーペンターズに提供した曲ですが、内省的な雰囲気が漂っており、もとのバージョンとは異なった趣きがある。もちろんカーペンターズのヴァージョンもいいのですが、ポールの囁くような独特の声もいいし、シンプルなサウンドも捨てがたい。

We’ve Only Just Begun · Paul Williams “Just An Old Fashioned Love Song”1971 A&M Records

CARPENTERS – We’ve Only Just Begun (Ed Sullivan Show/Stereo/Live/1970)

We’ve Only Just Begun の歌詞は、前回のカーペンターズの回をご覧ください。カレンがドラム叩きながら歌うところもいいですね。ちょっと、うるっとしてしまいます。

 

次の曲、もともとはカーペンターズのために書いた曲ですが、スリー・ドッグ・ナイト Three Dog Night が歌って大ヒット。

オールド・ファッションド・ラヴ・ソング An Old Fashioned Love Song

An Old Fashioned Love Song【訳詞付】- スリー・ドッグ・ナイト

An Old Fashioned Love Song Three Dog Night 1971

Just an old fashioned love song
Playing on the radio
And wrapped around the music is the sound
Of someone promising they’ll never go
You’ll swear you’ve heard it before
As it slowly rambles on and on
No need in bringing ‘em back
‘Cause they’ve never really gone
Just an old fashioned love song
One I’m sure they wrote for you and me
Just an old fashioned love song
Coming down in three part harmony
To weave our dreams upon and listen
To each evening when the lights are low
To underscore our love affair with tenderness
And feeling that we’ve come to know
You’ll swear you’ve heard it before
As it slowly rambles on and on
No need in bringing ‘em back
‘Cause they’ve never really gone
Just an old fashioned love song
Coming down in three part harmony
Just an old fashioned love song
One I’m sure they wrote for you and me
Just an old fashioned love song
Coming down in three part harmony
Just an old fashioned love song
One I’m sure they wrote for you and me
To weave our dreams upon and listen to a song
Just an old song coming down
Just an old song
What I’m sure they wrote for you and me
Just an old fashioned love song
Coming down in three part harmony
Just an old fashioned love song
One I’m sure they wrote for you and me
Just an old fashioned love song
Coming down in three part harmony
Just an old fashioned love song
One I’m sure they wrote for you and me
Just an old fashioned love song
Coming down in three part harmony
Just an old fashioned love song
One I’m sure they wrote for you and me
Just an old fashioned love song
Coming down in three part harmony
Just an old fashioned love song

提供元: Musixmatch
ソングライター: Williams Paul (us 1) / Williams Paul (us 1)
An Old Fashioned Love Song 歌詞 © Almo Music Corp., Campbell Connelly And Co.ltd., Almo Music Corporation

見事なスリー・パート・ハーモニー。スリー・ドッグ・ナイトは、いい曲カヴァーしてます。センスいいなぁ。

 

あなたの影になりたい Let Me Be The One Paul Williams

 

Let Me Be the One Carpenters 1971

Some sleepless night
If you should find yourself alone
Let me be the one you run to
Let me be the one you come to
When you need someone to turn to
Let me be the one
To set things right
When this old world’s turned upside down
Let me be the one you run to
Let me be the one you come to
When you need someone to turn to
Let me be the one
For love and understanding
To find a quiet place
For silent understanding
A loving touch
Come to me when things go wrong
And there’s no love to light the way
Let me be the one you run to
Let me be the one you come to
When you need someone to turn to
Let me be the one

提供元: LyricFind
ソングライター: Roger Nichols / Paul Williams
あなたの影になりたい 歌詞 © Universal Music Publishing Group

カーペンターズ ダイアナ・ロス アン・マレー のヴァージョン。聞き比べ。

1991年の “Let Me Be the One”のリミックスは、カレンのカウントから始まり、リチャードのピアノもオリジナルの1971年のミックスとは大きく異なっています。ドラムスもカッコイイ。

Carpenters – Let Me Be The One  1991

ダイアナ・ロス お姉様の大人びてしっとりとしたナンバー。

DIANA ROSS let me be the one

アン・マレーは、力強さ・潔さを感じます。頼ってしまいそうです。

Anne Murray – “Let Me Be The One” (Capitol) 1971

こんな風に、いろいろなカヴァーができるのも元歌がいいからなんですよね。

 

こんな恋ってはじめて I Never Had It So Good Paul Williams

 

I never had it so good Paul Williams 1971

I never had much money
I never won a race
My jokes don’t end up funny
And I’ve had doors slammed in my face
But I think you’ve charmed me
I always hoped that someone would
I never had a love like this before
I never had it so good
I’m not the kind that’s trusted
Always tripping over logs
And often I’ve been busted
Chased by friendly dogs
But I think you’ve charmed me
I always hoped that someone would
I never had a love like this before
I never had it so good

提供元: LyricFind
ソングライター: Paul H. Williams / Roger S. Nichols
こんな恋ってはじめて 歌詞 © Universal Music Publishing Group

こんな恋ってはじめて 日本語のタイトルもいいな。ポール・ウィリアムスのロマンティックな歌詞が胸に響きます。

 

I never had it so good Kris Kristofferson · Rita Coolidge Full Moon

Barbra Streisand – I Never Had It So Good from “Lazy Afternoon” (1975)

リタ・クーリッジもバーバラ・ストライザンドも。MOR(ミドル・オブ・ザ・ロード)のシンガーが好んで歌っています。

いいわ。この年になると しみますね。

 

今回も、最後までご視聴ありがとうございました。

それでは、また。#99

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。