• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

先日、4才の子どもさんの英語のレッスンで、

可愛い質問をもらいました。

「Candy先生は、ひなちゃんには、ABCで話すのに、

ひなちゃんのお母さんには、どうして「ジー」で話すの

 

最初、?????

 

でしたが、

4才のひなちゃんのボキャブラリーの中に、「日本語」と言う言葉がないのだと気づきました(笑)

 

ひなちゃんは、「日本語」のことを、「ジー」という言葉で表しているんですね〜(笑)

 

文字の「字」でしょうか?

 

ひなちゃんの英語のレッスンはオールイングリッシュですが、お母さんと話すときは、普通に日本語で話している私を見て、とっても不思議に思ったのですね😃💕🌟💕🌟

 

そこで、興味がわいて、4才の子どもの語彙数を調べてみました。

4才で、約1500語だそうです。

小学生になると、5000語になり、6年生の頃には、2万語に増えていきます。

大学生で、4万語から5万語だそうです。

 

もちろん、個人差があって、

やはり、読書をする人ほど、語彙数が多いそうです。

読書って、大切ですね。

 

自分の考えを、豊かな言葉で表現できるって素晴らしいですよね😃💕🌟💕🌟

 

そこで、英語ネイティブは、どうなんだろう❗️と、調べてみました。

 

なななんと。。。。。。

 

3才で、3000語。

 

これは、

TOEIC 500点、

英検 準2級レベルです💦

 

 

8才で、5,000語。

TOEIC 600点、

英検 2級レベルです、、、

おおおおおおーーーー。

文科省の学習指導要領では、

高校卒業までに覚えなければならない英語の語彙数は、約3,000語とあります。

英語ネイティブの、3才のレベルです。

小学校英語が始まりましたので、高校3年生までに覚えなければならない英語の語彙数は増えました。

でも!

5,000語です。

英語ネイティブの、8才レベルです。

 

 

 

そして、TOEIC 900点以上、英検1級に必要だと言われる、

1万語を操るのは、一体何才だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、

10才❗️

なんです💦

 

えええええー〜〜〜〜〜💦

 

英検準1級や、英検1級の単語なんて、難しすぎて使わないよ❗️

という言葉をよく聞きますが、

 

それは、言い訳に過ぎないと言うことです❗️

 

もう、覚えるしかない❗️

と、思いました。

だって、英語ネイティブの10才の子どもの語彙数なんですから(笑)

 

不思議なことに、大人の語彙数は、偶然にも日本人と同じく、

大学生で、4万語から5万語だそうです。

 

私は、何かの研究で、10万語と聞いたこともありますが、、、、、

 

研究によっても違いがあるのでしょうね。

話せる語彙、聞き取れる語彙、理解できる語彙などなどですね。

 

皆さんは、どう思われましたか?

私は、単語を、言い訳せずに覚えるモチベーションがアップしました😃💕🌟💕🌟

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。