• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる

原発は、効率がいい(具体的に何の?)。

CO2削減を考えると、これまでの火力発電より、原発が安上がりで、安全だ。

再生可能エネルギーは、まだまだコストがかかるので、それまでは原発で。

 

と、思っている方も、多いのではないでしょうか?

 

確かに、経産省のサイトでは、原発のコストが、他のエネルギーよりも安いと書かれています。

 

原発のコストは、本当に再生可能エネルギーより安いのでしょうか?

 

 

朝日新聞で、

大島堅一・竜谷大教授が、詳しく説明してくださっていました。

 

 

経産省資料て2030年時点での発電コスト(1キロワット時)

原発→ 10.3円

火力→ 13.4円

石炭火力→ 12.9円

 

これは、甘すぎる試算です❗️

 

設計段階で、安全性を考慮した原発を作るという設定がないからです。

例えば、

原発建造費 2基で、3.5兆円

 

メルトダウンした核燃料を受け止めるための「コアキャッチャー」や、

大型航空機の衝突に耐えるくらいの二重構造の格納庫が必要。

 

廃炉にする際の費用。

核廃棄物の保管のための費用。

放射能被曝から人体を守るための研究費用。

原発誘致のために、地域に支払う費用。

 

これらが、いっさい考慮されていないのです。

経産省試算のように、安くできるはずがありません。

 

その証拠に、

イギリスでは、費用がかかり過ぎると、日立製作所の原発計画が、凍結となりました。

アメリカでさえ、「新しい原発は高くてもう作れない」と言われています。

 

大島先生は、1キロワットの発電コストを、

どのエネルギーより高い、

17.6円と試算されています。

 

 

もはや原発に、コストがかからないというメリットは考えられません。

斜陽産業として、いかに「たたむ」か、

また再生可能エネルギーへと転換していくかを、

考えなければならないフェーズに来ていると思います。

 

 

皆さんは、このような事実を読まれてどのように、考えられますか?

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。