• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    今日は、なぜか急に見たくなって、Amazonビデオで、「ビリギャル」見てみました。

    みなさんご存じの方が多いと思いますが、成績最下位の金髪のギャルが

    高校2年生で突然、「慶應義塾大学」に行こう!!!

    と、勉強を始める実話です。

    偏差値30点から、わずか1年少しでプラス40点の、偏差値70点まで!!!

    これを見ながら、英語の勉強にも役に立つことがたくさんありましたよ(*^_^*)

    学校の先生が、まったく相手にしない少女を、塾の講師が、何があっても信じ抜く

    「この子は、ぜったい慶応に受かります。

    ダメな子なんていない、ダメな指導者がいるだけです。

    この子は、可能性を秘めた素晴らしい子なんです。」という言葉は、

    わたしたち教えるものが忘れてはならない、姿勢ですね。

    心理学のピグマリオン効果で、

    指導者ができると信じていると生徒はできるようになります。

    指導者があきらめていると、生徒も伸びません。

    また、勉強に集中する時間や、意気込みがすごい。

    この心の熱量の高さが、目標を達成するために必要なんです。

    また、勉強を、とことんたのしむところも素晴らしい。

    成績が悪く、家庭も不安定で、学校でも相手にされない

    すねてしまった生徒たちを理解するために

    この塾の講師は、生徒と接点を見つけるために

    日本史の勉強に漫画を使い

    生徒たちの興味があるゲームもとことん極めます

    そして、可能性を信じ続けるのです。

    自分自身のことも信じたくなりますね。

    よい映画でした。



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。