• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    寝たきり老人のいる国いない国 大熊由紀子著

    朝日新聞、女性で初めての論説委員だった

    大熊由紀子さんが、書かれた

    「寝たきり老人」のいる国いない国

     

    ぜひぜひみなさんに読んでいただきたい本の中の一冊です❗️

     

    なぜなら、今の日本では、

    どんなにくるしくても、当たり前で、我慢するしかないことだ

    と思っていることを

     

    どんな人も

    暮らしやすい

    生きやすい

     

    そんな夢のようなことを

    一歩、一歩、国民の連帯で、

    実現していった国々があるからです。

     

    そんな国があるのだから

    日本でも出来ないはずはありません。

     

     

    この本でくわしく書いてある、

    デンマークは、

    そんな希望を、与えてくれます。

     

     

    例えば

    75才で一人暮らしの女性 ブリッタさん

    脳卒中後遺症で、15年前から半身不随

    糖尿病で、たびたび狭心症の発作を起こすのですが

     

    彼女の一日は

     

    ホームヘルパーさんは、預かっている鍵でドアから入ってきます。

    ベッドから助けおこし、トイレの世話、歯磨きの手伝い

     

    *今日はどの服を着たいかたずね* 着替えの手伝い

     

    オーブンサンドの朝食を作り、食べるお手伝い

    じゃあ、またお昼にねと帰ります。

     

    お昼

    同じヘルパーさんが来ます

     

    車椅子を押し、デイケアセンターのレストランへ お出かけ

    外出したくない日は

    温かなお昼ご飯がセンターから届けられます。

    話し相手をしながら、お食事

     

    猫を飼っているので、その御世話

    観葉植物の水やり

    洗濯、掃除、買い物、

    車椅子を押してお散歩することも

     

    夕方

    別のホームヘルパーさんが

    夕食の御世話

     

    また別のホームヘルパーさんが

    歯磨きと、着替えのお手伝いをして、ベッドへ

     

     

    それも無料で、提供されるのです

     

     

    こんないい国に日本もきっとなれますよ

     

     

    Candy Lab 公式メールマガジン登録

     

     

     

     

     

     

     



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。