• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    【洋書を読み始めたきっかけは?】

    大学の英文科に入学した時、英語力をつけたいと洋書を読み始めました。

    でも、高校卒業したばかりの時、自分自身のボキャブラリーが少なく、少しくらいわからない単語があっても読み進められるように、わかりやすい本を、ただそれだけの理由で、

    子ども向けのファンタジーから本を開きました。

    The Secret Garden

     

    イギリスで出版された、音源入りの絵本30冊をまず購入。そして、本を読み、英語を何度も聞いているうちに

    特に、The Snow Queen,  The Secret Garden,

    に、すっかり魅せられてしまいました。

     

    何度、繰り返し、ストーリーを聞いたことでしょう。100回くらいは、聞いたと思います。

     

    特に、秘密の花園 The Secret Garden では、最愛の妻、そして母を亡くし心に傷を負った父親と息子が

    なぜか花園という場が持つ、不思議な力で、遠く場所を超えて、癒されていくシーンは、鳥肌がたつほど感動して、何度もうっとりと英語を聞いていました。

     

    そして、「トムは真夜中の庭で」Tom’s midnight garden. では、過去と現在をつなぐ不思議さに涙がこぼれました。

     

    「チャーリーとチョコレート工場」Charlie and the Chocolate Factory

    「ナルニア国物語」シリーズ  The chronicle of Narnia 全巻

     

    ゲド戦記シリーズ

    第1巻 「影との戦い」 A Wizard of Earthsea
    第2巻 「こわれた腕輪」 The Tombs of Atuan
    第3巻 「さいはての島へ」 The Farthest Shore
    第4巻 「帰還 -ゲド戦記最後の書-」 Tehanu, The Last Book of Earthsea
    第5巻 「アースシーの風」 The Other Wind
    外 伝 「ゲド戦記外伝」 Tales from Earthsea

     

    と読み進むうちに、すっかり、ファンタジーの素晴らしさに心をつかまれてしまいました。

     

    それからは、洋書を読むのが、心に美味しく、ひまさえあれば本を開いて、その世界に没頭していました。

     

    ハリーポッターシリーズは、イギリスの書店に予約して、出版されるとすぐに送ってもらい、翻訳が出る前にすべて読んでしまいました。

     

    The Golden Compass 黄金の羅針盤


    Author Philip Pullman

     

    この黄金の羅針盤 シリーズは、最終巻の結末に、あまりにも心を揺さぶられ、一晩眠れませんでした。

     

    その後は、アガサクリスティーの70冊あまりある著作のすべてを娘の影響で読むことになります。

     

    このように、英語を学ぶことは、単に英語力を上げるためだけという小さな枠を飛び越えて、美しい文学の世界、わくわくする心踊る世界に、わたしを導いてくれたのです。

     

    他にも、数え切れないほどの名作に出会い続けています。

     

    これから、少しずつ、作品をみなさんに紹介していけたらと思います。

     



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。