• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    【パワハラをする人とは?】

    最近よく、ニュースで見かけます。

    大学の教授や、人気のある芸能人、スポーツの監督、政治家、のパワハラが問題となっています。

    部下を平気で次々にやめさせる。暴言を吐く。精神的にも身体的にも、暴力を振るう。

     

    これらの人たちは、他人に共感できない「サイコパス」だと、脳科学者の中野信子さんが書かれています。

     

    サイコパス  中野信子

    サイコパス (文春新書)

     

    他人の痛みが分からない人。

    人の弱みに敏感で、その弱みを利用し、

    心に傷を持った人に寄生してその人を踏み台にして、

    平気で、人の不幸の上に自分の成功を築こうとする人です。

     

    初めて会うと異常に魅力的な人が多いそうです。

    しかし少し近寄ってその人を知ると、ひどいことを平気でしていることがわかります。

     

    この人たちは、泣かなければならないところでは、とてもじょうずに泣く。

    優しいふりをしなければならないときも、異常に優しく演ずることができる。

     

    日本では、1%位の人がその傾向があるそうです。

    100人に一人って、けっこう多いですね💦

     

    サイコパスは、生育環境というよりも、

    前頭葉の他人に共感する部分が欠損しているということです。

     

    アメリカでは、5%くらいもいるそうです。

    日本は小さな国なので、何かひどいことをすると、その人のことが周りに分かってしまうのですが、

    アメリカでサイコパスが多いのは、ある場所で犯罪を犯しても、

    別の場所に移って、名前を変えて別人として、生き延びることが出来るからだそうです。

     

    最近は、ネットの発達などもあり、情報がオープンになってきているので

    サイコパスの人からの被害が公になってきて、

    パワハラなどが明らかになってきているのは、とても良いことだと思います。

     

     

    すべてのサイコパスの人が、

    恐ろしい犯罪を起こしたり、パワハラをしたりするわけではなく、

    自分の性格を自分で認識して、他人の痛みがわからないところを、他者貢献に生かすことも出来ます。

    たとえば、外科医になるとか

    普通の人はかわいそうに思って切れないところを、

    論理的に考えて、患者を生かすためには患者が泣いても切らなければならないと。

     

     

    日常生活で、非情なサイコパスの人から利用されないための一番いい方法は、

    適切な距離をとって、なるべくかかわらないようにすることです。

     

     

    映画 「悪の教典」は、このようなサイコパスの人を描いていますね。



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。