• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    【2019年の手帳選び】

    わたしは、高校教師時代は、ほとんど手帳が必要と思ったこともありませんでした。

    毎日の授業をこなすのに精一杯だし、

    お給料も充分にもらえるので、

    土日など空いた時間は、ほんとうに、暇に、何も考えずにショッピングをしたりして、時間を浪費していました。

    アメリカ

    今、その時間をとても、とても、後悔しています。

     

    でも❗️

    失敗に学ぶのは、とてもたいせつなこと❗️

     

    ちょっと早めに退職してからは、

    「なんと自分の自由になる時間の多いことか」と驚いています。

    そして、公務員って、リスクを負って起業したりなどの、特別な努力をしなくてもお給料をもらえるので

    毎日、何も困らず、

    でも、実は、たいせつな時間を無駄にしていたと気づいたんです。

     

    今年は、特に自由な時間(仕事のない時間=お金がはいらない時間)が多かったので

    目覚めました❗️

     

    わたしは、何をするためにこの世に生まれてきたんだろうかと

    しあわせ

     

    高校教師という公務員時代は

    普通の企業の人や、塾の先生や、教科書を売りに来るセールスの人を

    「利潤追求」する、怪しいひとだと思っていました。(恥ずかしい)

     

    今、公務員ではなくなると

    なんて思い上がっていたんだと反省しています。私自身が、利潤追求する怪しいひとだと言われたり、扱われたりする体験もしたからです。

     

    今も、公民館や、公共❗️と言われる図書館などでは、セミナーを開くだけでも

    「利潤追求はお断りです」と言われてしまいます。

     

    公務員は、利潤当たり前に与えられていたから、利潤追求してなかったと勘違いしているのですね。ちゃんと利潤はもらってるんです。

    利潤がなければ、食べていけないし、好きなことも、社会貢献もできないのです❗️

    利潤が回ってこなくなって初めて気づくんですね。

    食べていく、生活していく、利潤追求するのは人間として当たり前のことだと。

     

    そして、何をして利潤追求すればいいのか

    自分の好きなことで、利潤が回ってくる💕

    これこそ、わたしが人生100年時代に提唱している

    ワークライフハピネス💕です。

    そして、「教えることは私の天職」だと思っています。

    大学生を教えること、子どもたちを教えることが、とにかく楽しい。

    ワークライフハピネス

     

    そこで、今年は、「時間をたいせつに使おう❗️」と決心しました。

     

    昨年度は、11月くらいから、ありとあらゆる、タイムスケジュールに関する、本を読み、YouTubeで学び、手帳もいくつかの種類を買ってみました。

     

    思いっきり、迷いたいだけ迷ってみようと、手帳について学習し、試してみました。

     

    うわさの、CHITTA手帳をはじめ、100均の手帳から、ファミリー手帳、スマホサイズの手帳まで。

     

    その中で選んだのは、「じぶん手帳」でした😃💕🌟💕🌟

     

    この手帳で、まず衝撃を受けたのが、「年齢早見表」です。

    自分にはあと何年の人生が残っているのか,

    表を見ることで100年間が視覚的にはっきりと実感できました。

     

    そして、わたしがいなくなった後、娘たちが何年の人生を生きるのか

     

    それを見ただけで涙が出ました💦

     

    私と夫がいない世界で、子どもたちは、何年も生きていかなければならないんだ。

    どうか、ひとりぼっちになりませんように💦

    寂しい思いをしませんように💦

     

    わたしたちのいない世界で生きていく子どもたちを、はじめて想像しました。

    子どもたち

     

    手帳は、こんなふうに、遠い未来までをわたしに見せてくれました。

     

     

    今では、わたしは、毎週終わりには、手帳時間を設け、

    次週の毎日の予定を書き込むのが習慣になりました。

    そして、毎日、職場でも自宅でも、その手帳を見えるところに開いています。

    時間が見えるのです。

    時間は思ったよりも、多くはありませんでした。

    タイムスケジュール

     

    一日一日をていねいに生きることができるようになってきました。

     

    また、手帳はわたしの秘書で、

    しなければならないことを書き込んで、手帳に任せておけば

    脳のワーキングメモリがすっきりして、その予定をするときがくるまでは

    今に集中できるのです。

     

    楽しかったことも、手帳に書きこめば、いつでも思い出せて眺めて、にっこり笑えます💕

     

     

    小柄なわたしが持ち歩くのにぴったりの大きさや、

    フリクション(0.38芯 ピンクと水色)でいつも書くので、しっかりした紙質がうれしいです。

    じぶん手帳 Biz mini (B6スリム)を使っています。

     

    スケジュールとノートが分冊なのもいい。

    ノートには、セルフコーチングで、迷っていること、イライラしてること、なんでも書いてしまうと、だんだんとマインドマップのように、すっきり、原因と解決策がわき、まとまってきます。

     

    ノートも薄くて、挟んで使えます、そしてなくなると、次のノートを挟んで使えるという安心感。

     

    そう、「じぶん手帳」というノートは、安心感🍀を与えてくれました。

     

    来年も、この手帳を使うつもりです。

     

    でも、工夫したこともたくさん

    たとえば表紙が、可愛くなくて、わたしらしくないので、

    メルカリやCremaで、出会った作家さんたち、アーティストさんたちに、わたしらしい、ブックカバーを特注で作ってもらいました。今は、元気な北欧のマリメッコ柄を使っています。

    じぶん手帳

     

    このアーティストさんたちも、次の機会に、ご紹介いたしますね。

     


     

     

     

     



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。