• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング


CMでも使用された人気曲 Give a Little Bit Goo Goo Dolls 。今回はこちらをピックアップ!

アコースティックなイントロから、自然なメロディ、そして一緒に口ずさみたくなるコーラス、CMに使われるのも理解できます。

1986年のデビュー以来、苦節10年の下積みを経て、「アメリカで最も有名な無名バンド」と呼ばれていたグー・グー・ドールズ The Goo Goo Dolls は、ついに「ネーム」「アイリス」の大ヒットを生み、「ベスト・アメリカン・ロック・バンド」の称号で呼ばれるまでになりました。この曲は、8枚目のアルバム 「LET LOVE IN」2006 に収録されています。

 

この曲は、スーパートランプ Supertramp というイギリス出身のバンドがオリジナルです。

Give A Little Bit Supertramp 1977

Oh, yeah
Alright
Here we go again
Hey hey, whoa no, da na, hey hey, yeah

Give a little bit
Give a little bit of your love to me
I’ll give a little bit
I’ll give a little bit of my love to you
There’s so much that we need to share
So send a smile and show that you care
(Alright)

I’ll give a little bit
I’ll give a little bit of my life for you
So give a little bit
Give a little bit of your time to me
See the man with the lonely eyes
Oh, take his hand, you’ll be surprised

Oh, take it
Ah, yeah
Come along
Yeah, yeah, yeah, yeah
Yeah, yeah, yeah, yeah, yeah, yeah, yeah

Give a little bit
Give a little bit of your love to me
I’ll give a little bit
I’ll give a little bit of my life for you
Now’s the time that we need to share
So find yourself, we’re on our way back home

Oh, going home
Don’t you need, don’t you need to feel at home
Oh yeah, we gotta sing
Oh yeah, you gotta get a feeling
Oh, yeah, come along too
Whoo!

You can come along too, yeah
Come-a, come-a, come-a, come along

Cha, cha, cha oh, yeah
Oh, yeah, come along too
Yeah, come along too, yeah
Sing Betty Lou
Come along too
What a long ride
Come a long way
Oh, sing it tonight
Oh, yeah

Written by Richard Davies, Roger Hodgson

こちらが、スーパートランプ Supertramp のオリジナル

少しだけ僕に 君の愛をください 僕も君にあげるから
分かち合うことがいっぱいだから 微笑んで YESだと教えてくれるかい
少しだけ 僕の人生を君にあげる だから 少しだけ君の時間をください
寂しい目をしたこの男を見てくれよ その手をとれば、君はおどろくだろう
だから、僕ら家に帰ろうか 君もやすらぎが欲しいだろう?
そうな気分じゃなけりゃ 一緒に盛り上がろうよ

というような感じのかわいらしいラブソングですね。

最後の方の Sing Betty Lou の「Betty Lou」というのは女の子の名前で。 実在の女性もいますが、歌の中で(呼びかける)女の子の名前として使われることもあるようですね?。ボブ・シガーのご機嫌なロックンロールナンバーにも、こんな感じで歌われています。

Bob Seger – Betty Lou’s Gettin Out Tonight

こちらも、かっこいいですね。まさに、ロケンロール。踊ってます。ロケンロールは、ダンス・ミュージックです。

さて、スーパートランプ Supertramp と言えば、私にとってはこちらの曲。ブレックファースト・イン・アメリカBreakfast in America 。大好きで、何回も何回も聞きましたね。イントロや間奏・さびの部分もかっこいい。リラックスして楽しく演奏している様子が目に浮かびます。私は、本当に朝食を食べながら聞いていました。今考えると、恥ずかしいですが。

アルバム Breakfast in America Supertramp 1979 ジャケット写真もいい。

 

 

 

 

 

 

 

Breakfast in America Supertramp 1979

Take a look at my girlfriend
She’s the only one I got
Not much of a girlfriend
I’ve never seem to get a lot

Take a jumbo across the water
Like to see America
See the girls in California
I’m hoping it’s going to come true
But there’s not a lot I can do

Could we have kippers for breakfast
Mummy dear, Mummy dear
They got to have ‘em in Texas
‘Cos everyone’s a millionaire

I’m a winner, I’m a sinner
Do you want my autograph?
I’m a loser, what a joker
I’m playing my jokes upon you
While there’s nothing better to do
Hey

Papararam pano daram no no no
Papararam pano daram no no no
Na na na nana na na na

Don’t you look at my girlfriend
She’s the only one I got
Not much of a girlfriend
I’ve never seem to get a lot

Take a jumbo cross the water
Like to see America
See the girls in California
I’m hoping it’s going to come true
But there’s not a lot I can do
Hey

Papararam pano daram no no no
Papararam pano daram no no no
Hey aham
Hey aham
Hey aham …

Written by Richard Davies, Roger Hodgson

この曲は英国に住んでいた10代の頃、ビートルズのようにアメリカに渡ってメジャーになることを夢見た自分たちを歌っていて、スーパートランプはこれを実現したわけです。まさに、アメリカン・ドリームですね。

このアルバムからは、「The Logical Song」「Goodbye Stranger」「Take The Long Way Home」と、3曲もヒットしました。とても、いいアルバムです。別の機会に紹介したいと思います。

 

それでは、また。#35

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。