• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

おはようございます☀マッキーです(^^)

 

今日は、ちょうど今から始まるニュージーランドの新学期について、ご紹介します♪

 

新学期の時期、時間割の決め方、始業式のことなど、日本と違うことがたくさんありましたよ\(^^)/

 

※ここで書いているのは、私が体験したニュージーランドの高校でのことです。

 

新学期の時期

新学期が始まるのは、桜が咲く4月のイメージですが…

ニュージーランドの新学期は、1月下旬〜2月初め頃のちょうどこの時期に始まります!ニュージーランドのお隣にあるオーストラリアも同じ頃に新学期がスタートするようです。

 

しかし、世界の多くの国では9月スタートが多いみたい。。

 

4月から始まるのが当たり前だった私はちょっとビックリでした😅

 

ニュージーランドの学校は4学期制で、1学期は、約10週間です。

 

時間割(Timetable)の決定

生徒たちが前年度に用意しておいた、受けたい教科の希望表を元に、今年度の時間割を決めます。

 

その希望表というのは、生徒が選ぶのですが、その生徒のレベルにあったものでなければいけないため、各教科の先生からのサインと保護者からのサインが必要です。

 

曜日や時間帯によっては、取りたい授業が重なってしまったり、人数の関係などもあるので、希望通りにならないときもあります。そのために、予備を2つ書いておけます👍✨

 

新学期が始まる3〜1日前に生徒が選択したい教科に合わせて、学年主任の先生が生徒一人ひとりと一緒に相談しながら1年間の時間割を決定していきます。

留学生の場合は、インターナショナルの先生やエージェントと相談しながら決めることが多いです。

 

基本的には、1年を通して同じ時間割です。

ですが、新学期が始まってから1週間くらいのうちで、授業が合わないと感じたり、別の授業を受けてみたいと思ったら、授業を変更することができます。

 

始業式がない⁉️

日本のように生徒全員が集まって行う始業式のような式はありません。しかし、学年ごとに順番で学年集会はありました。

 

始業式がないので、初日の1時間目から教室に行き、授業が始まります。ですが、最初は先生や生徒の自己紹介があり、その教科についての大まかな説明やその授業に必要なものの説明などがある感じで、授業という授業ではありません(^^)

初日はどのクラスもそのような感じです。

 

さっ!始まりっ!!という感じがなく、しれーっと新学期がスタートしちゃいます😅

 

やっぱり始業式がないと《始まった》感じがしません。。

どこか物足りなさを感じる自分がいましたとさ。

 

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 



コメント一覧

返信2020年1月30日 9:44 AM
goodbro

goodbro24/

毎回、日本とニュージーランドの違いに驚いています。私たちの考える普通や当たり前って、ものすごく限定されたものなんだなぁと、考えさせられます。たくさんの子どもたちに、いろいろな国の文化や伝統をもっと体験してもらいたいですね。

    返信2020年1月30日 8:16 PM
    マッキー

    マッキー24/

    コメント、ありがとうございます😊 本当に!違うことばっかりです。海外と日本という視点以外でも、当たり前と思っていたことがそうでなかったりするのをときどき経験します。自分が持っている「普通」や「当たり前」って意外とすぐに壊れちゃいます😂もっとたくさんのことを体験して、広い視野で物事を見られる大人になりたいです😊✨

返信2020年1月30日 1:58 PM
小田 Oda尚子 Candy Naoko

小田 Oda尚子 Candy Naoko24/

「生徒たちが前年度に用意しておいた、受けたい教科の希望表を元に、今年度の時間割を決めます。」 すごーい😃💕🌟💕🌟 日本の高校生に話したら、信じられない❗️と、答えが聞こえてきそうです❗️ また、途中で、授業が合わなかったら、変えてもいいなんて❗️素晴らしいです!!! 日本の学校も、このようになると、授業を受けるやる気も変わってくるとおもいます😃💕🌟💕🌟

    返信2020年1月30日 8:25 PM
    マッキー

    マッキー24/

    Candy先生、コメントありがとうございます😊 本当にびっくりですよね❗️とても柔軟性があります😌🌟

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。