• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日ご紹介するのは1995年公開、デヴィッド・フィンチャー監督の映画『セブン』です。

 

 

退職を間近に控えたベテラン刑事サマセットと若手刑事ミルズは猟奇連続殺人事件の捜査にあたる。犯人はキリスト教における7つの大罪に基づいて殺人を繰り返していることが明らかに。やがてサマセットとミルズは容疑者を割り出すが、その人物に逃げられ、さらにミルズの素性が知られていたことも発覚する。そしてさらなる殺人事件が続いた後、驚愕の事態が……。

『ファイトクラブ』などで知られるデヴィッド・フィンチャーが贈るサイコ・サスペンス。恐るべき連続殺人鬼を追う2人の刑事をブラッド・ピッド、モーガン・フリーマンが演じる。

 

 

『ドラゴンタトゥーの女』など暗い雰囲気の映画を作らせたらピカイチの監督デヴィッド・フィンチャーが、その名を世に知らしめた傑作。終始陰鬱な雰囲気で進んでいく今作は、そのあまりにも衝撃的な展開により、ある意味ホラーな映画となっています。猟奇連続殺人がテーマのためかなりショッキングな画の連続でありながら、それ以上に暗い雰囲気、スリル満点の殺人鬼との攻防、不安を予感させる演出は実に巧みです。俳優たちもハマり役で特にモーガン・フリーマンの渋めなベテラン刑事役とブラピの若さ溢れる刑事役も物語を見事に引き立てています。

この映画の特筆すべき点でもあるあの”例のシーン”ですが、見たらその日1日中、尾を引く後味の悪さです。(詳しくは本編を見てね)「映画一本でここまでテンション落とされるとは、恐れ入った」な傑作鬱映画です。是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。