• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

映画「僕のワンダフルジャーニー」

Candy’s Academiy Aword ノミネート作品です😃💕🌟💕🌟

前作「僕のワンダフルライフ」を見てから見ると、さらに感動が増しますが、2作目の「僕のワンダフルジャーニー」だけでも、ストーリーは、だいたいわかります。前作よりも、2作目の方が感動❗️でした。

私は猫派なのですが、この映画は、ドッグムービー🐕

でも、大好きな映画の1つになりました😃💕🌟💕🌟

 

Amazonビデオなどで、自宅で見ることができますので、ぜひご家族で鑑賞されて、幸せな気持ちになってください😃

 

飼い主のイーサンにかわいがられた犬のベイリーは、イーサンの孫娘を見つけ、守るために、転生を繰り返して、旅に出ます。それぞれの犬生で、それぞれの飼い主とのふれ合いもあり、1つの犬生が終わるときは、寂しいです。

 

孫娘のCJ(キャスリン・ブレスコット)が、とても可愛くて、応援したくなります。

 

幼なじみのトレント(ヘンリー・ラウ)

 

韓国の歌手、アイドルグループ「SUPER JUNIOR M」のメンバーです。中国系カナダ人。とてもいい演技をしていて、好感が持てました。ハリウッド映画の、アジア系の登場人物って無条件に好きになってしまいます(笑)

 

CJとトレント、そして様々な犬生を生きてCJのそばにいる、ベイリー。

 

病気や、失恋、母親との確執、それらの物語が、重なり合い、エンディングへと、絡まった糸がほどけるように、つながっていきます。

 

そして、最後の美しい映像に、きっと皆さんも涙がこぼれると思います。

 

悲しい涙ではなく、心が温まる涙が。

僕のワンダフルジャーニー

 

 

ぜひぜひご覧になって、感想を教えてくださいね。


 


映画.com より

2作目「僕のワンダフルジャーニー」解説
愛する飼い主に再び会うため転生を繰り返す犬の姿を描いた「僕のワンダフル・ライフ」の続編。前作で50年で3度生まれ変わり、最愛の飼い主イーサンとの再会を果たした犬のベイリーがたどる、さらなる生まれ変わりの旅路を描く。イーサンと再会したベイリーは、イーサンと彼の妻ハンナらとともに農場で幸せな日々を送っていた。しかし、ある時、イーサンの孫娘CJが、母親のグロリアに連れられて農場を出て行ってしまう。悲しむイーサンとハンナの姿を見たベイリーは、次の生まれ変わりでCJを見つけ出し、どんな犠牲を払っても彼女を守ることを誓う。前作のラッセ・ハルストレム監督は今作では製作総指揮を務め、テレビシリーズ「モダン・ファミリー」などを手がけたゲイル・マンキューソが新たにメガホンをとった。

2019年製作/109分/G/アメリカ
原題:A Dog’s Journey

 

1作目「僕のワンダフルライフ」解説
「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「HACHI 約束の犬」などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督がW・ブルース・キャメロンのベストセラー小説を実写映画化し、飼い主の少年と再び巡り会うため生まれ変わりを繰り返す犬の奮闘を描いたドラマ。ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーは、自分の命を救ってくれた少年イーサンと固い絆で結ばれていく。やがて寿命を終えたベイリーは、愛するイーサンにまた会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すようになるが、なかなかイーサンに遭遇できない。3度目でようやくイーサンに出会えたベイリーは、自身に与えられたある使命に気づく。主人公の犬ベイリーの声を担当するのは、ディズニーアニメ「アナと雪の女王」でオラフの声を演じたジョシュ・ギャッド。若き日のイーサン役には新人俳優K・J・アパを抜擢し、成長したイーサンを「エデンより彼方に」のデニス・クエイド、イーサンの初恋相手ハンナを「トゥモローランド」のブリット・ロバートソン、大人になったハンナを「ツイン・ピークス」シリーズのペギー・リプトンがそれぞれ演じる。

2017年製作/100分/G/アメリカ
原題:A Dog’s Purpose

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。