• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

先日の公開された「環境白書」では、「SDGs」に対する日本の取り組みについて政府が紹介していました。

「SDGs」とは、「Sustainable Development Goals」の略で、2015年9月に国連サミットで決められた「国際社会共通の目標」のことです。17のゴール(目標)・169のターゲット(具体的な目標)を決めています。

SDGs 達成状況 国別ランキング

では、世界は、日本の取り組みについてどう評価しているのでしょうか。

国連の提唱で設立された国際団体「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」は、各国(162カ国)の SDGs 達成状況を国別ランキングとして分析しています。(レポート「SDG Index and Dashboards Report」2019年版)

SDG Index 2019

  1. デンマーク(85.2)
  2. スウェーデン(85.0)
  3. フィンランド(82.8)
  4. フランス(81.5)
  5. オーストリア(81.1)
  6. ドイツ(81.1)
  7. チェコ(80.7)
  8. ノルウェー(80.7)
  9. オランダ(80.4)
  10. エストニア(80.2)
  11. ニュージーランド(79.5)
  12. スロベニア(79.4)
  13. 英国(79.4)
  14. アイスランド(79.2)
  15. 日本(78.9)
  16. ベルギー(78.9)
  17. スイス(78.8)
  18. 韓国(78.3)
  19. アイルランド(78.2)
  20. カナダ(77.9)

上位3位を北欧3カ国が独占し、その後に欧州勢が続いています。日本は前年と同じく15位でした。

気候変動に対する政府アクション

特に残念なのが、気候変動に対するアクションで、日本は中国やインドネシアと並び「非常に不十分だった」とされています(図の赤で塗られた国)。グレタさんが褒めてくれるわけはないですね。来日したいとの話しもありましたが、コロナの流行で中止に。ほっと胸をなで下ろしている方も多いのではないかと思います。

SDGsの各目標ごとの国別評価もおこなわれています。日本は、目標4「教育」、目標9「イノベーション」で「グリーン」。目標5「ジェンダー平等」、目標12「責任ある消費と生産」、目標13「気候変動」、目標17「パートナーシップ」で、一番評価の低い「レッド」。改善度 SDG TREND の評価で、目標10「不平等」で、逆に後退したことを示す「レッド」。

「三流国としては、頑張っているんじゃない」と、言われそうです。

2020年の評価は、どうなるでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

いっしょに、SDGsの取り組みを進めていきましょう。

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。