• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日ご紹介するのは2008年公開、ピエール・モレル監督の映画『96時間』です。

 

 

17歳のアメリカ人少女キム(マギー・グレイス)が、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐される。その事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父ブライアン(リーアム・ニーソン)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。アルバニア系の人身売買組織だと判明した犯人一味のもとへ単身で乗り込む。

96時間というタイムリミットの中、娘を誘拐された父親が警察の助けを借りず、たった一人で異国の敵からの奪還を試みる。名優リーアム・ニーソンが元工作員にして、娘を思う父親でもある主人公を演じる。

 

 

他を圧倒する強さの元CIAの父親が娘を奪還するため、手段を択ばず犯罪組織に立ち向かっていく本格クライム・サスペンスです。怒涛のアクションもさることながら人身売買の闇を描いたシーンなど組織犯罪の描写も妙にリアルです。

冒頭では娘に優しすぎて少し親バカな部分を見せるブライアンが少しずつ元CIAの怒れる父親に変貌していく姿は、頼もしと同時に少しひいちゃうくらいに暴れる場面もあったりします。主演を務めるリーアム・ニーソンも見事な演技で、強い父親を演じきっています。

続編の『96時間/リベンジ』『96時間/レクイエム』でも何度も家族が狙われちゃいますが、ブライアンの無双がこれでもかというほど見れますので是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。