• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

本日紹介するのは1996年公開、ダニー・ボイル監督の映画『トレインスポッティング』。

 

 

ドラッグ中毒のマーク(ユアン・マクレガー)と悪友たちは常にハイ状態か、あるいはドラッグを手に入れるため盗みに精を出しているというていたらく。ある日、マークはこのままではいけないと更生するためにロンドンに行き職に就く。ところが、彼らの仲間が会社に押し掛けたことが原因で、マークはクビになってしまう。

スラムドッグ$ミリオネア』などのダニー・ボイルが、アーヴィン・ウェルシュの小説を映画化した異色青春ドラマ。ドラッグ中毒の主人公と仲間たちのハチャメチャな日々を、スタイリッシュな映像で活写する。今や大スターとなった若き日のユアン・マクレガーが主演を務める。

 

 

スコットランドのどうしようもないヘロイン中毒者の若者たちが、どんどん悪い状況に陥っていく様子を当時のイギリスのポップな雰囲気で表現したカルト的作品。

疾走感のある展開と映像がおしゃれで超かっこいい。それらとは対照的なとてつもなくダサいレントン達の生活とのギャップも秀逸。中でも序盤の”スコットランドで一番汚いトイレ”のシーンは今まで見た映画の中でも屈指の衝撃的なシーンだった。

音楽は特に最高で、ラストにかかるUnderworldのBorn Slippyをバックに駆け抜けるレントン姿は何とも言い難いすがすがしさを感じることができる。ダサいしクズだしバイオレンスだし汚いしエロい内容満載ながらたまにクスッと笑えてなんかハマっちゃう魅力を持った、まさにカルトムービーと呼ぶにふさわしい作品。たまにはこういう汚い世界を見るのもいいかも…。

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。