• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

今回は、「心の愛 I Just Called to Say I Love You」スティーヴィー・ワンダー Stevie Wonder をピックアップ。

この歌、学校の英語の授業で覚えて好きになった方も多いみたいです。メロディも優しくて、歌詞も覚えやすいので人気があるのでしょう。ハートウォーミングな曲ですよね。また、CMやドラマの主題歌としても知られています。

ジーン・ワイルダーの監督映画『ウーマン・イン・レッド』のサウンドトラックに使用され、アカデミー歌曲賞とゴールデングローブ賞 主題歌賞を受賞した。シングルとしても、本国のアメリカでは『ビルボード』誌のBillboard Hot 100、R&Bチャート、アダルト・コンテンポラリー・チャートの3部門で1位を獲得する大ヒットとなった。イギリスでは、スティーヴィーにとって初の全英シングルチャート1位獲得作品となった。

日本では、子供たちのコーラスをフィーチャーした別ヴァージョンが、スティーヴィー自身も出演したTDKのCMソングに使用された。また、1995年にDDI(現:KDDI)「なかよしネット」のCMソングに、1997年から2001年にかけて、日本のテレビドラマ『君の手がささやいている』の主題歌に起用された。

何か特別な日やイベントじゃないけど、君を愛してるって、ふと伝えたくなったんだ という歌ですね。素敵です。
I Love You は、three words とか 8 Letters といわれます。間接的にしか言えないこともありますよね。(^_^)

“I just called to say I love you” Stevie Wonder 1984

No New Year’s Day to celebrate
No chocolate covered candy hearts to give away
No first of spring
No song to sing
In fact here’s just another ordinary day
No April rain
No flowers bloom
No wedding Saturday within the month of June
But what it is, is something true
Made up of these three words that I must say to you
I just called to say I love you
I just called to say how much I care
I just called to say I love you
And I mean it from the bottom of my heart

No summer’s high
No warm July
No harvest moon to light one tender August night
No autumn breeze
No falling leaves
Not even time for birds to fly to southern skies
No Libra sun
No Halloween
No giving thanks to all the Christmas joy you bring
But what it is, though old so new
To fill your heart like no three words could ever do
I just called to say I love you
I just called to say how much I care, I do
I just called to say I love you
And I mean it from the bottom of my heart
I just called to say I love you
I just called to say how much I care, I do
I just called to say I love you
And I mean it from the bottom of my heart, of my heart,
Of my heart
I just called to say I love you
I just called to say how much I care, I do
I just called to say I love you
And I mean it from the bottom of my heart, of my heart,
Baby of my heart

提供元: Musixmatch
ソングライター: Stevie Wonder
心の愛 歌詞 © Black-bull-music, Inc., Jobete Music Co., Inc.

また、歌詞をよく見ると1年の全ての季節(月)が歌われていることもわかりました。

No New Year’s Day to celebrate (1月・新年)
No chocolate covered candy hearts to give away (2月・バレンタインデー)
No first of Spring, no song to sing (3月・春分)
No April rain,(4月の雨)
No flowers bloom (5月の花盛り) ※ April showers bring May flowers.
No wedding Saturday, within the month of June (6月・ジューン・ブライド)
No summer’s high No warm July (7月・初夏)
No harvest moon to light one tender August night (8月・ハーベストムーンは9月〜10月)
No autumn breeze No falling leaves (9月・秋の始まり)
Not even time for birds to fly to southern skies (9月〜10月・渡り鳥)
No Libra sun (10月・天秤座は9月〜10月)
No Halloween (11月・ハロウィンは10月31日の夜)
No giving thanks to all the Christmas joy you bring(12月・クリスマス)

この曲だけでも、素敵なんですが、もっと驚く話しが続きます。

ぶろっこり は、ブレット&バター Bread & Butter もよく聞きます。というか、めっちゃ好きです。特に、海や潮風を感じさせる曲「Crusing On」「Monday Morning」などが好き。シティーポップ?湘南サウンド?って感じかな。

で、たしかコンサートの時かな、この曲「 I Just Called to Say I Love You」にまつわるエピソードを話していました。最初に聞いたときは、正直 ほんとかよって思いました(ごめんなさい)。あのスティービー・ワンダーですからね。でも、詳しく聞くと感動的なエピソードで、スティーヴィーの人となりをうかがわせる話でした。あとからすごいなって思ったのを覚えています。こんなつながりがあったなんて、いいですね。

もともと1979年にブレッド&バターへ提供した曲である。「I Just Called To Say I Love You」以外の歌詞はなく、松任谷由実が作詞、細野晴臣が編曲を担当した。「特別な気持ちで」というタイトルで発売を待つばかりであったが、直前にスティーヴィー側から、映画の主題歌として使うためこちらに先に発売させて欲しいという申し出があったため、発売は中止となった。5年後にリリースの許可が出たので再レコーディングし、発表している。 その後、スティーヴィーがパートナーとの間で曲の著作権問題で裁判になった時、ブレッド&バターに曲をプレゼントした際のデモテープが証拠となり勝訴した。そのお礼として作った曲が、「Remember My Love」である。

「特別な気持ちでI Just Called To Say I Love You 」ブレッド&バター Bread & Butter

ご本人が、このエピソードを話しています。夜のヒットスタジオに出演してたんですね。

こちらも、聴いてみて下さい。ぶろっこり のお気に入り。というか、名作。

 

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。#139

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。