• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

🍬Candyです😃💕

おすすめの映画「風をつかまえた少年」The boy who harnessed the wind.

干ばつで苦しむアフリカで、14歳の少年が独学で風車を作ることを学び、人々を救った物語。感動です。

学校に行くこと、学ぶこと、勉強することの意味が胸に響きます❗️

是非是非ご覧になって感想を教えてください🌟😊💕💕

アフリカのマラウイの発明家ウィリアム・カムクワンバの実体験に基づく「風をつかまえた少年 14歳だったぼくはたったひとりで風力発電をつくった」を映画化。貧困のため通学を諦めた14歳の少年が、独学で風力発電を作り上げる。オスカー受賞作『それでも夜は明ける』などのキウェテル・イジョフォーが自ら監督と脚本を担当し、主人公の父親を演じている。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

14歳のウィリアム(マクスウェル・シンバ)は、2001年にアフリカのマラウイを襲った干ばつのために学費を払えず、学校に行けなくなってしまう。彼は図書館で見つけたある本から、独学で発電のできる風車を作り畑に水を引くことを思いつくが、雨乞いの祈祷をする村でウィリアムを理解する者はいなかった。だが、家族を助けたいという彼の思いが、徐々に周囲を動かしていく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

「雨乞いをすることをやめた。解決するために、子どもを学校へ行かせた。いつ、私たちは、協力しあえるのか?」

最先端を進むためには、

古い考え方を持つ人たち、

協力する仲間、

何のために勉強するのかの本当の意味が胸に響きます❗️

 

動画で詳しく語っています。ご覧ください。

原作の翻訳本

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。