• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

第②話になり、ますます、面白さが増してきました。

なんと、伊吹と志摩が乗る、警察車両が、「まるごとメロンパン号」

ふたりの会話の掛け合いに、お腹を抱えて笑って止まりません。

そして、ラストは、感動で涙がこぼれました。

 

ラストのクライマックスに、米津玄師の曲「感電」が流れますが、シーンが、その歌に合わせるようにゆっくり進み、見ている私たちの想いも深まります。

 

今回のテーマは、

 

人を信じること、

虐待、

パワハラ、

時はもどらない、

 

はかなく、切ないメロディにぴったりのラストでした。

 

 

しかし、

想いは、もどってきます。

 

別の人を通してかもしれませんが、

この宇宙は、切なる願いを、もどしてくれるのだと思いました。

 

 

「おれたちの仕事は、99%むだだ」という言葉も響きました。

 

生徒たちを教えるときにも、無駄かもしれない、

でも無駄なことに向かって努力することも、また、意義あることかもしれません。

 

 

次回も楽しみです。

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。