• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

ワンダーウーマン1984は、2020年の最新作!

多くのヒーロー者の映画の中で、女性がヒーローという大好きな映画です。

しかし、タイトルの1984って、まるで1984年制作だと誰でも勘違いしますよね😃💕🌟💕🌟

しかし、調べてみると、

監督の趣味というか、好みで、

1984年を描きたかったのだそうです。

 

その時代の、パワーや、混沌としている感じに思い入れがあったようです。

 

ジョージ・オゥエルの「1984」と、同じ年なのも偶然です。

 

教えていた高校生用の単語が!

ストーリーよりも💦

ちょうど高校生に教えたばかりの単語が出ていたのが、嬉しかったです。

 

renounce

 

皆さんは、意味がわかりますか?

ちょっと、難しいですよね。

 

 

「〜との関係を切る、放棄する」

というような意味です。

 

これが、映画の最後に山盛り、出てくるのです。

 

 

悪の神が作った、

人間の願いを何でも叶えてくれるクリスタル、

しかし、その願いと引き換えに、

 

They must pay the price.

 

対価をを払わなければならないのです。

それは、

ワンダーウーマンにとっては、自分の力を失うことでした。

他の人にとっては、優しい心、健康、などなど。

 

 

そして、人々は、大切な者を失って始めて気づくのです。

 

自分の欲望のままに、願いを叶えてもむなしいと。

真実の、ありのままの、自分こそが、この世界こそが美しいと。

 

そして、人々は、

口々に叫びます。

 

” I renounce my wish. “

” I renounce my wish, ”

 

世界中から、

Renounce

という言葉が響き渡ります。

 

こうして、単語というのは、暗記するだけではなく、

実際の場面の中で、

本物の言葉として覚えると、

決して、忘れることはありませんね😃💕🌟💕🌟

 

 

皆さんもぜひぜひ、映画で英語を覚える❗️

やってみてください😃💕🌟💕🌟

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

 

 

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。