• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

何気なく見ていると、それが当たり前なのかなと、

無意識に染み込んでしまいます。

心に良くないメッセージ、その②です。

 

 

VRの世界での、

竜とBell、

お城も、ドレスも、ダンスも、

薔薇の花まで❗️

 

 

美女と野獣そのものでした❗️

 

 

ここまで、パクっていいのかと、心配になるほどでした。

 

 

私は、細田守さんのアニメで、

美女と野獣のカバーを見たいわけでありません。

 

 

細田守ワールドに浸りに来たのです!

 

 

サマーウォーズ、

おおかみこどもの雨と雪、

の、魂は、どこに行ったの?

 

 

これを見た子どもたちに伝わる、

隠れたメッセージは、

「あ、他の作品をそのまま使っていいんだ

ということです。

 

 

こんな風に、そっくり真似して、

どこかのネットの世界にある絵をそのまま、

夏休みの宿題として提出してしまうかもしれません。

 

 

オリジナルの作品を、尊敬しているとは思えません。

 

 

私も、以前、

自分が心を込めて作った、英語の歌のプリントを、

ある研究会で、

他の先生がそのままコピーして、自分のものとして配布していたときは、

なんとも言えない気持ちになりました。

 

 

作った本人が、ここにいるのに、何も言わないのかなあって(涙)

 

 

著作権って、そのためにあるのですよね。

 

細田守さんが描く、

竜とBellの、コミュニケーションの世界を見たかったです。

 

 

美女と野獣は、

ディズニーで、もっと美しいものを見ることができるのですから。

 

 

次は、いよいよ、

数名の方が問題にしている、

児童虐待のシーンについて、考察したいと思います。

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。