• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!
【🍬Candy先生🍬毎日をたのしく生きる、知と学びのブログ】

日本人の収入は減っているのに、生活費はどんどん高くなっている。

皆さんは、なんだか貯金が難しくなってきたなあとか、

車って、軽自動車でも、最近は高いなあとか、

なんとなく、生きづらさを感じていませんか?

 

 

実は、ここ30年間の日本では、

①収入は上がっていない、

②物価が上がり続けている、

③税金や社会保障費が上がっている、

 

 

ということが、起こっているのです。

 

 

国税庁の民間給与実態調査による、

平均年収を見ると、

 

1989年;402万円

1992年;455万円

2004年;439万円

2019年;436万円

 

と、収入が上がっていないのです。

私は、時代が進化しているのだから、収入も上がっているのではと思っていました。

 

 

しかも、この30年間で、収入が上がっていないのは、先進国で日本だけなのです💦

 

 

銀行金利に関しては、もっと、大変な変化が❗️

30年前は、定期預金の金利が、5〜6%もありました。

2021年には、なんと、0.001%に下がっているのです❗️

 

また、収入は下がっているのに、

物価は上がり続けているのです。

 

 

自販機のドリンク類は、

1992年には、100円、

2021年には、130円

 

 

私は、この物価の上がり具合を見ていて、収入も上がっているとばかり思っていたのです❗️

 

 

車の例を挙げると、

1990年代には、140万円くらいで購入できた普通車が、

今では、200万円以上もかかります。

 

収入は、それに見合うように上がっていないのにです❗️

 

日用品も、食料品も、値段は確かに上がっています。

生活が苦しくなるのは、当然です❗️

 

 

しかも、

税金❗️も上がっているのです。

 

 

給料の何%を税金・年金・社会保険料として負担していると思いますか?

 

約 44.3%❗️ です。

 

 

30年前は、消費税3%、

国民年金は、月8,400円。

 

現在は、

消費税10%、

国民年金は、月16,610円❗️です。

 

 

国民全員が、貧しくなってきているのです。

 

 

政府広報を見ると、

消費税は、本来ならば、全額が社会保障に使われるはずだったのですが、

現実は、その大半が、法人税の減税に使われたと言われています。

企業が支払うべき法人税を下げて、

その穴埋めに消費税が使われたということです❗️

 

 

北欧は、国民が、約50%もの税金を支払っています。

 

多くの日本の人は、

デンマークの話しをするたびに、

「それは、税金が高いから、社会保障が充実してるんでしょう?

そんなに税金を払いたくありません!」

と言われますが、

 

 

日本人も、給料の約44%を❗️税金として国に納めているのです。

 

 

 

デンマークでは無料ですが、

日本では給料から払っている、高額な教育費や、医療費、介護料を考えると、

50%に近い額になると思います。

 

 

私は、このような情報を知って、

なんと給料の半分くらいは、税金として払っているんだ❗️

とショックを受けました。

 

 

また、その支払っている税金によって、

本当に安心して、何のお金の心配もない暮らしをしている人が、

いかに日本では少数派なのかを思います。

 

 

毎日のニュースを見ると、多くの人たちがお金に困って事件に巻き込まれたり、

亡くなってしまったり。

 

 

 

デンマークでは、あり得ない、

ホームレスの人を、

当たり前と思っている日本や、アメリカの社会。

 

 

 

一刻も早く、

アメリカに追随して大企業を優遇する、

新自由主義を脱皮して、

 

 

誰もが、人間らしい暮らしをできるような、

一人一人を大切にする、政策に変わっていって欲しいです。

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。