• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

非常勤講師として、高校に教えにいくことになりました。

病気休暇を取られる先生の代わりに、

2ヶ月間ほど、お手伝いに行きます。

 

 

 

教員免許の更新が始まり、

10年前に、講習を受け更新をしましたが、

退職後、

昨年度に、再度、更新しなければならないことを忘れてしまっていましたΣ( ̄ロ ̄lll)

 

 

 

ところが、

文科省の方では、

教員免許更新の意味のなさがやっとわかったのか、

再来年度から❗️

更新制度を取りやめるそうです。

 

 

しかし、

再来年度からなので、

わたしたち、免許更新の一期目の教員は、

1年間のブランクができてしまうのです。

 

 

教育委員会に尋ねたところ、

昨年度、更新していないと、この1年間のために、

永久に教員免許が失われてしまうそうです。。。。。

 

 

しかも、あと、1ヶ月以内に講習を受けなければならないと。。。。。

 

 

そ、そんな馬鹿な❗️

 

 

慌てて、オンラインで講習をしてくれる大学を探しましたが、

なんとか、1ヶ月で取れそうですが、

なんと、

45,000円が、実費でかかるのです❗️

 

 

予想外の出費。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

 

 

しかも、私たちより、一つ年下の方々は、もう取得しなくていいわけなので、

うーーーーむ、

と、なんだか納得いかないです。

 

 

 

この免許更新の意味のなさは、

一般の方にとって、

想像を絶するほどです。

 

 

 

10年前の体験をお話しすると、

英語科なので、英語の講習が必須なのですが、

それが、1つか、2つ、(うーん、忘れました)

後の3つは、自由に選べるのです。

 

 

 

私は、なんと「織染」の講習も受けて、工作⁈を楽しみました。

いろんな形の木の葉を、絵の具に浸して、テーブルクロスやコースターを作りました。

これ英語科の教員免許更新ですか???????

 

楽しかったので、いいですがヾ(@^▽^@)ノわはは

 

他は、心理学関係を二つ取りました。

 

 

 

また、どこの県かは、言えませんが'ある体育の先生は、

遅く申し込んだら、

体育科が全て満杯になっていて、

なんと、数学科しか空いてなくて、

仕方なく、数学の講習を受けたそうです。

 

 

もちろん、高校の数学教師のための講習ですから、

専門外、

 

テストの時に、

「全くわかりませんが」

と、訴えたところ、

出席だけで、合格となったそうです。

 

 

 

信じられますか?

 

 

このような形だけの免許更新、

教育に力を入れていないということが、ありありとわかりますよね。

 

 

 

日本の教育は、これでいいのか???

 

 

私は、高校や大学で、教えることが楽しくてたまりませんが*・゜゚・*:.。..。.:*ï½¥'(*゚▽゚*)’ï½¥*:.。. .。.:*・゜゚・*

このような無駄なところでエネルギーを吸い取られてしまうのが、

とても辛いです。

 

 

先生も、生徒も、

·みんな楽しく学校に行けるような😊

そんな教育改革を願っています。

 

 

牟田万希子さんの、ニュージーランド高校留学報告を読むと、

どんな学校が、本当に、子どもたちの個性を伸ばしていくのか、

大きなヒントになります。

 

 

 

みなさんも、是非是非以下の記事を読んでみて、

日本の教育はどうなるといいかなあと、考えてみてください゜+・(о´▽`о)゜+・

 

マッキーのNZ高校留学

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。