• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

今、非常勤講師として高校に教えに行っています。

 

 

生徒に単語を覚えさせるときは、

小テスト、

が定番ですよね。

 

でも、私は『テスト』というものが大嫌いです(笑)

 

 

デンマークでは、15歳までテスト禁止です😃💕🌟💕🌟

心に良くないからです。

人と比べるのでは、本当の勉強ではありません。

勉強が、点数のため、人と競うため、誰かをマウンティングするためになってしまいます。

 

 

Bingoなら、運❗️なので、

上下は関係ありません。

ただ楽しくゲームをして、いつの間にか英語を覚えてしまうのです。

 

 

ipadのアプリに、いいものを見つけました。

「単語カード」というアプリです。

 

 

それを、ホワイトボードの、大画面に写しながら、

日本語→英語、

の順にめくって、

生徒たちは大きな声で私の後にリピートして発音しながら、単語を眺めます(笑)

 

 

 

教育の現場でも、

ITの進化で、ipadの画面をそのまま多く写せるので、

めっちゃくちゃ便利です。

生徒たちも、

「わかりやすい❗️❗️」と喜んでくれます😃💕🌟🍀💕🌟🍀

 

 

 

日本語→英語の順がいいのは、

日本語でまずイメージを浮かべて、英語を覚えられるからです。

 

 

単語数は、14個くらいがいいです。

そこから9個選ぶので。

 

 

 

その後で、

3×3の9マスのBingoシートに、

好きな単語を9つ選んで書き込みます。

 

 

先ほどの、単語カードアプリを、

ランダム再生します。

 

 

そして、生徒たちは、

日本語→英語の順に、

もう一度単語を眺めながら、(ここでもう日本語を見て、英語を言える生徒も多いです)、

 

 

青色のボールペンで、

単語を丸で囲んでいきます。

 

 

Bingo!

と叫ぶ生徒たちの、

得意そうなこと❗️

高校生も可愛いです😃💕🌟💕🌟

 

 

「おおー❗️

今日はいいことあるよ❗️」

と、ポイントを渡していきます。

 

 

 

 

同じ単語を何回遊んでも飽きません。

 

 

これは、仮設実験授業の、マッキーノにヒントを得た教え方です。

漢字でも、理科の元素記号でも、

いろんなものに、応用できます。

 

 

小テストではなく、

楽しんで、

気楽に覚えられる、

生徒たちも、プレッシャーなく、単語を覚えられるので、

Bingo大好きですよ😃💕🌟💕🌟

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。