• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

授業をつくるとき、実践するときの基本は、徹底的に生徒の立場に立つことだと思います。

普通、わたしたちは、教える側は正しい、導いてあげるという、観点から考えているので、このくらい強調した気持ちで考えないと、生徒の気持ちがわかりません(^^)

生徒がどこがわからないのか、まずそこをつかんで、分かる授業を作っていくと、生徒たちと気持ちのいい人間関係が作れるものです。

そうすると、不思議と英語まで好きになってくれます。

そして、勉強意欲が増していきます。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。