• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    コーチング

    Aさんの初回セッションです。(許可をいただいた上で掲載(^_-)-☆)

    「まったく英語を勉強する気にならないんです。

    最初は、すぐにTOEIC900以上、英検1級とるぞ〜!!!!って、やる気満々だったのに

    とにかく勉強が進まない! どうしたらいいんでしょうか?」

    英語の勉強は、ほぼ毎日、格安オンラインのフィリピン英会話レッスンを受けているし

    英会話スクールにも週に2回も通っているんです。一番、レベルの高いクラスです。

    それで、充分に自分にも力がついたと思って、900点は超えると自信を持ってTOEICを受けたんです。でも、結果は825点!

    自分のボキャブラリー不足と長文をしっかり理解できてないことを実感。

    それから、自分なりに毎日の時間割を作って、毎日勉強をしようとしたんですけど、まったく続きません。三日坊主にもならないくらい続かないんです。

    いまは、自己嫌悪でいっぱいです。」

    ●コーチ Candyより

    最初のやる気がすご過ぎて、続かないって結構あるんですよ。Aさんだけではなく、続けることに意志の強さや性格は関係ありません。自分を責めるのをまずやめましょう。だいじょうぶです。

    わたしは、「太陽と北風で続ける方法」って言っていますが、

    たとえば、この寓話の目標は、旅人のコートを脱がせるというということです。

    やるっぞーって、気持ちって、北風みたいに、強い気持ちで追い立ててますよね。

    でも、北風が吹けば吹くほど、旅人はコートをしっかり身につけてしまいますね。

    太陽は、そんな苦しい努力はせずにただただ、ぼかぼか暖めるだけ

    なんと旅人自身から、コートを脱いでしまいます。

    では、あなたの、「英語の勉強を毎日続ける」という目標を、太陽が暖めるような方法で、自然にできるような工夫をしてみましょう。

    英語の勉強や、ダイエットのための運動が続かない原因の一つは、

    すぐに結果が出ないこと!です。

     今日5分間英語を勉強したら、あら、話せるようになった!

     一日ジムに行ったら3kg減った!

    これなら、みんな続けますよね。

    あせらないでください、英語の勉強も毎日毎日、少しずつ続けることで、必ず結果が出ます!

    「勉強したくなる方法」を自分なりに考えてみましょう。たとえば

    *勉強道具はいつもそばに

    ・テキストや英語の音源は、いつもそばに置いてある。

    ・スマホのアラームで、勉強時間を知らせる。

    ・TVやインターネットを見ない→無理なら図書館、カフェなど、強制的に勉強できる環境に行く。

    *気持ちを高めるものを見る

    ・TEDや、英語の上手な日本人の動画をYouTubeなどで見てやる気を高めてはじめる。

    ・TOEIC900以上、英検1級を取った人の体験記などの本をそばに置いておく。

    *ベイビーステップではじめる

    ・目標はTOEIC900以上、英検1級ですが、スモールゴールを設定しましょう。

    ・3ヶ月後にTOEIC840点、6ヶ月後に860点、9ヶ月後に880点、1年後に900点!!!

    ・毎日の勉強も、ハードルを低くして、5分間できればOK。習慣化することを目標にする。

    ・あせらない!

    *ごほうびを作る

    ・英語の勉強が終わったら、Webの好きなサイトを見てもいい。

    ・好きな映画を見てもいい。

    ・お菓子を食べてもいい。

    *罰ゲームを作る

    ・英語の勉強をサボった日は、TVやインターネットを見てはいけない。

    ・車は使用せず、歩かなければならない。

    *勉強したことを見える化して体感する

    ・トラッキングシートを作って壁に貼り、とにかく勉強したら●をつけて味わい、喜ぶ (*^_^*)

    ・このとき結果ではなく、行動そのものを評価する。

    *誰かに報告して応援してもらう

    ・SNS、友達、英語勉強仲間、家族、またわたしのような英語コーチでもいいので、だれかに報告して、いいね!を集めたり、ほめてもらったり、時には、しかってもらったりしましょう。

    *生活のリズムをととのえる

    ・遅くまでだらだら起きることはやめて、早寝早起きで、英語の勉強時間を確保する。

    みなさんも、北風のような強引なやる気や、意思の強さなどではなく、計画的、戦略的に、まず、英語の勉強にすっと自然に入っていくことができる、太陽のあたたかさを自分で作ってみましょう。



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。