• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

河合隼雄 カウンセリング入門

お父さんもお母さんも共働きの家庭の子どもたち、

遠距離恋愛のカップルの人たち、

遠くに出張に行くとき、

 

そんな風に、

たいせつな人と、離れているとき、

相手にさびしい想いをさせない方法は?

 

河合隼雄さんは、書いてました。

(京都大学 ユング心理学)

 

一週間に一回会う曜日を決めておく。

思いっきり子どもたちと遊ぶ時間を決めておく。

電話をする日を決めておく。

現代なら、

Skypeや、Lineをする日を決めておく。

 

そうすると

会えない間も、こころがつながっているのです。

 

河合隼雄さんは、カウンセリングも同じで

毎週会うことで、会っていないときも、カウンセラーとクライアントの人の心がつながっていて

カウンセリングが進んでいるそうなんです。

 

 

定期的に会うことで、

何曜日に会えるなとわかっていることで、

その間、

心の深層で、相手のことを思っているのです。

だから、心が落ち着いて、離れていてもだいじょうぶ😃

 

 

子どもたちに、家族に、恋人に、会う日をまずスケジュールに書き込みましょう❗️

仕事の予定より、その日を優先しましょう❗️

たいせつな人と過ごす時間が、仕事の効率もアップさせてくれます😃

 

 

遠くに出かけるときには、おみやげも、いいです💐

今度会うとき、何をプレゼントしようと思うことで

旅の間も、心がつながっているのです。

 

 

みなさんは、ディズニーのシンデレラ実写版を見ましたか?

お父さんが、遠くへ出張?!に出かけるときシンデレラは、「お土産は何がいい?」と尋ねるお父さんに、「一番初めに見つけた木の枝を!」と言いますね。「そうそれば、それを持っている間、わたしのことをいつもお父さんは思い出すでしょ?」と。

 

私は、高校教師時代、京都に修学旅行に行くクラスで「お土産に、京都の石を持ってきて」と半分冗談で、生徒たちに話しました。

帰ってきたとき、一人の物静かな背の高い男子生徒が、職員室まで来て、本当に、小さな小石を手渡してくれました。とても、とても嬉しかったです。京都まで私を連れて行ってくれたのと同じです☺️ 私は、そのお土産を大切にずっと職員室の机の上に飾っていました😄🌟

 

心は不思議、近くにいてもつながらない人もいます。

わたしの友だちは、仕事が朝早く、帰りは夜遅くて、子どもたちが寝ている間に、家を出て、帰宅するときも、もう子どもたちは寝ているそうです。

だから、たまに、子どもたちが起きているときは「お父さん、また遊びに来てね。」と言われると泣いてました。

「毎日、家に帰ってきてるんだけどね。」

 

たまに会うのではなく、

何曜日は、お父さんと遊べる、一緒にいられる、と子どもたちが知ってることがたいせつ💕

愛する人との定期的な約束を、仕事より優先しましょうね😃

 

 

Candy Lab 公式メールマガジン登録



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。