• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日ご紹介するのは2015年公開ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の映画『ボーダーライン』です。

優秀なFBI捜査官のケイト(エミリー・ブラント)は、メキシコ麻薬カルテルの全滅を目的とした部隊に入り、特別捜査官(ジョシュ・ブローリン)のもとで極秘任務に就く。ケイトは早速、謎めいたコロンビア人(ベニチオ・デル・トロ)と共に国境付近の捜査を開始。人が次々と亡くなる現実を突きつけられたケイトは……。

メキシコの麻薬戦争の闇を描いた衝撃作。非人道的なカルテルの所業と手段を選ばない麻薬捜査に終始緊張感が漂い続ける。

インカ帝国の遺跡が遺り、世界中から観光客が集まるメキシコですが、麻薬カルテルによる政治や警官汚職など大きな社会問題となっています。日本人旅行者が麻薬犯罪に巻き込まれるといった事件も多発しており、外務省の海外安全ホームページでは特に危険な地域への渡航中止勧告を行っています。

この作品はそんな秩序を失いつつあるメキシコ国境付近が舞台です。麻薬カルテルの所業はまさに地獄であり、死と隣り合わせの日常を送るメキシコ国境の町フアレスの状況を目の当たりにしたFBI捜査官ケイトは衝撃を受けます。そんな非道なカルテルに対するのは法を捻じ曲げてでもカルテルをつぶそうとする麻薬捜査官たち。捜査のモラルに揺れ動くケイトの視点から善悪とは何かを考えさせられながらの緊張感漂うシーンの連続に恐怖をも覚えます。

無法地帯でカルテルに戦争とも思える捜査を続ける捜査官たちは終始怒りに震えており、特に怒れる謎のコロンビア人の役を演じるベニチオ・デル・トロの演技は素晴らしく、冷酷に銃の引き金を引くシーンは非常に衝撃的です。

冒頭から終わりまでシリアスな展開が続きますが、メッセージ性が強く善悪の境界とは何かを重厚に描いた素晴らしい作品でした。ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。