• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

ディズニー映画・ダンボ観てきました。

ダンボ

実は、私は、ティムバートン監督の映画は苦手です💦

 

「シザーハンズ」は、

なぜ画面がこんなに、湿っていて暗いの?

なぜ、手がハサミである設定が必要なの?

と、しっくりきませんでした。

 

「チャーリーとチョコレート工場」は、

気持ちの悪い、虫や、

シーンにひいてしまいました。

 

 

「不思議の国のアリス」は、

暗い、

とにかく画面が暗い、

どうして???

 

 

そして、

「ダンボ」は、

ティムバートン監督の気味の悪い場面を予想していた私は、

そんな場面がなくてほっとしました。

 

 

しかし、見終わった後の娘の感想が面白かったです。

 

「どうして、こんなに、

今にも何か、

恐ろしい事件が起こるような雰囲気なの?」

 

 

やはり、ティムバートン監督の作品でした。

 

最初から、

戦争から帰ってきたお父さんに出会う嬉しい場面のはずなのに、

 

片腕がない!!!

 

娘が、

黙ってじーっと、

それを見つめている時間が長い。

う〜ん(×_×)

 

しかし、

ダンボのお母さん像を救うために、

みんなが団結するシーンは、

良かったですよ😃

 

そして、空中ブランコ乗りの、

エバ・グリーンも美しかったです🌸🌿💐🌿🌸🌿

 

 

ティムバートン監督が好きな方には、

味わいのある、いい映画だと思います。

 

ぜひぜひ、みなさんもご覧になって、

感想を教えて下さいね😃💕🌟💕🌟

 

 

 

 

 

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。