• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

    本日ご紹介するのは2014年公開、ウォーリー・フィスター監督の映画『トランセンデンス』です。

    人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル(ジョニー・デップ)。だが、妻エヴリン(レベッカ・ホール)の手によって彼の頭脳と意識は、死の間際にPINNへとアップロードされていた。ウィルと融合したPINNは超高速の処理能力を見せ始め、軍事機密、金融、政治、個人情報など、ありとあらゆるデータを手に入れていくようになる。やがて、その進化は人類の想像を超えるレベルにまで達してしまう。

    コンピューターと化した科学者ウィルをジョニー・デップが務めるSFサスペンス。AIの進化は人類をどこへと導くのか。現代の進みすぎた化学に疑問符を投げかける作品。

    最近AIを取り扱う映画増えましたよね。というか現実世界にもAIを用いた技術増えましたよね。スマホや家電ありとあらゆるものがAIと繋がる現代を生きる人々にこそ見てほしい作品です。

    「もしも人工知能を人間から作ったらどうなる」というテーマのもとナノマシン、強化人間などSF感溢れるロマンテクノロジーを取り扱う意欲作。結構とんでもない展開が繰り返しますが「AIがやることだから人間には理解できないか。」なんかと考えつつラストは見事な伏線回収。超面白い!という名作中の名作とは言いませんが、人工知能を扱った映画の中ではとても見やすかったです。

    この映画かなり賛否両論を巻き起こしているのですが、現実味を帯びてきた「AIの暴走」を取り扱った作品だからこその事なのかなとか考えたりしちゃいます。

    めちゃくちゃSFでちょっぴり哲学的、そんな作品が見たい方は是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。