• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・大人も学べるオンラインスクール

    今年はマーヴィン・ゲイ Marvin Gaye 生誕80年ということで、未発表アルバムやライブ盤がリリースされたりファンにとってうれしい年でした。それにしても、死後35年経っても変わらずに愛されている彼と彼の歌ってすごいですね。敬意を表したいと思います。

    ということで、今回のピックアップは、名曲「ホワッツ・ゴーイン・オン What’s Going On」マーヴィン・ゲイ Marvin Gaye です。

    80周年を記念して2019年に発売されたライブ盤 What’s Going On (Live) とミュージック・ビデオ

    マーヴィン・ゲイは、1960年代タミー・テレルと息の合ったデュエットが人気で、「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ」や「ユア・プレシャス・ラヴ」などのヒットをだしましたが、1970年にテレルが24歳で夭折したことで、音楽活動を休止してしまいます。しかし、1971年、代表曲となる「ホワッツ・ゴーイン・オン」を発表。ファルセット・シャウト・クルーナーと多様な歌唱に加えて、ジャージで美しい楽曲と隙のない緻密なアレンジによる音楽性は絶賛されました。また音楽以上に、黒人音楽の世界でベトナム戦争や貧困など社会問題を取り上げたコンセプト・アルバムを制作したことも人々に衝撃を与えました。

    What’s Going On 1971

     

     

    What’s Going On Marvin Gaye 1971 

    Mother, mother
    There’s too many of you crying
    Brother, brother, brother
    There’s far too many of you dying
    You know we’ve got to find a way
    To bring some loving here today

    Father, father
    We don’t need to escalate
    You see, war is not the answer
    For only love can conquer hate
    You know we’ve got to find a way
    To bring some loving here today

    Picket lines
    And picket signs
    Don’t punish me
    With brutality
    Talk to me
    So you can see
    Oh, what’s going on
    What’s going on
    Yeah, what’s going on
    Oh, what’s going on

    Mother, Mother
    Everybody thinks we’re wrong
    Oh, but who are they to judge us
    Simply ‘cause our hair is long?
    Oh, you know we’ve got to find a way
    Bring some understanding here today

    Picket lines
    And picket signs
    Don’t punish me
    With brutality
    Come on, talk to me
    So you can see
    What’s going on
    Yeah, what’s going on
    Tell me what’s going on
    I’ll tell you what’s going on

    いつも参考にさせていただいている「Kei’s Echo」Keiさんの訳

    Going On【訳詞付】- Marvin Gaye

    私がもっているシンディ・ローパーのアルバム「トゥルー・カラーズ」のホワッツ・ゴーイン・オン 訳詞

    ホワッツ・ゴーイン・オン

    世の母親たち
    何と多くの母親たちが泣き叫んでいることか
    兄弟たち、同志たち
    命を奪われた兄弟たちの数はそれ以上
    何とかこの世を愛で満たせないものかしら 今すぐにでも

    世の男たち
    これ以上エスカレートさせないで
    戦争は何の解決にもなりはしない
    憎悪を駆逐できるのは愛だけ
    今すぐ道を見つけ出さなくちゃ
    みんなお互いに理解し合うのよ

    ピケット・ラインにピケット・サイン
    残虐な仕打ちで人をやっつけようとしないで
    話しかけてきて
    そうすればきっと判り合える
    ああ いったいどうなっているの
    教えて いったい何が起こっているの

    世の母親たち
    間違ってるのは私たちだと誰もが考えている
    髪の毛が長いだけで
    私たちを裁こうとするだなんて
    自分はいったい何者なのかしら
    誰もが理解し合えるよう
    今すぐやり方を変えなくちゃ

    ああ神よ

    訳 中川五郎

    picket line = デモやストライキの監視線・見張り兵 picket sign =プラカード brutality = 残忍な行為

    ベトナム戦争に従軍した弟が送ってきた手紙に綴られていた戦地の惨状や、実際に目撃したデモ隊とそれを抑えつけようとする警察の蛮行などからインスパイアされて生まれた歌詞には、戦争や争いに対するメッセージが込められています。

     

    Darkness cannot drive out darkness:Only light can do that.
    Hate cannot drive out hate:Only love can do that.

    闇は、闇で追い払うことはできない。光だけがそれを可能にする。
    憎しみは憎しみで追い払うことはできない。愛だけがそれを可能にする。

    Martin Luther King, Jr. (キング牧師)

     

     

    それでは、また。#78

     

     



    コメント一覧

    返信2019年12月26日 7:21 AM
    アバター

    匿名25/

    キング牧師の言葉、今も、響きます!

    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。