• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・大人も学べるオンラインスクール

    今回は、ソウルとフュージョンで。マーカス・ミラー の スタジオ・アルバム『フリー』2007年より、タイトル・チューンの「フリー free」Marcus Miller feat. Corinne Bailey Rae をピックアップ。

    『フリー Free 』は、アメリカ合衆国のベーシスト、マーカス・ミラーが2007年に発表したスタジオ・アルバム。

    タイトル・チューンはデニース・ウィリアムスによる1976年のシングル・ヒット曲のカヴァーで、私の好きな コリーヌ・ベイリー・レイ Corinne Bailey Rae がゲスト参加してます。彼女らしい肩の力が抜けた、ゆったりほっこり感のある曲になっています。参加メンバーは、Deneice Williams, Hank Redd, Nathan Watts, Susaye Greene。

    こちらも、おすすめ。アルバムの1曲目 「ブラスト」

    Marcus Miller – Blast

    「ブラスト」は、トルコの音階とオールドスクール・ヒップホップのビートを取り入れた曲だとミラー自身が語っています。オールドスクールって良くわかりませんが、トルコっぽいですよね。しかも、格好いいベースがブンブン。

    さて、「フリー Free」、オリジナルは、1976年のデニース・ウィリアムスのソウルの名曲。

    Free Deniece Williams 1976

    Whispering in his ear
    My magic potion for love
    Telling him I’m sincere
    And that there’s nothing too good for us
    And I just got to be me, free, free
    Whispering in his ear
    My magic potion for love
    Telling him I’m sincere
    And that there’s nothing too good for us
    But I want to be free, free, free
    And I just got to be me, yeah, me, me
    Teasing hands on his mind
    Give our night such mystery
    Happiness all the time
    Oh and how that night pleases me
    But I want to be free, free, free
    And I just got to be me, yeah, me, me
    I just got to be me, me, me
    Feeling you close to me
    Makes all my senses smile
    Let’s not waste ecstasy
    ‘Cause I’ll only be here for a while
    I’ve got to be free, free, free, oh
    And I just got to be me, yeah, yeah, me, me, oh
    Free, free, free, oh, baby
    (I just got to be me) and I just wanna, I just wanna be me
    Free, free
    (I just got to be me) I just got to be me, me, whoa, free
    (I just got to be me)
    That’s why we want to be free
    Free

    提供元: LyricFind
    ソングライター: Susaye Greene / Nathan Watts / Henry James Redd / Deniece Williams
    Free 歌詞 © Sony/ATV Music Publishing LLC, Warner Chappell Music, Inc

     

    デニース・ウィリアムス Deniece Williams「This Is Niecy 」1976年 に収録。そっちの方は疎い ぶろっこり でも知っている R&B・ソウルの名曲 です。ディスクジョッキーやサンプリングの方でも人気だと聴いています。

    Deniece Williams – Free – 1976

    歌詞の方は、ほとんど Free Free って言う感じで、セクシーな愛の詩なんですが、デニース・ウィリアムスのボーカルはそれを透明感のある高揚へと誘ってくれています。

    ここまできたら、聞き比べ。

    ウィル・ダウニング Will Downing 1988年

    こちらは、つやのある男性ボーカル。こんな声で歌ってみたいです。

    デブラ Debelah 1994年

    ひと味違った アレンジで聴かせてくれます。少しクセが強いかも。

    シャンテ・ムーア Chanté Moore 『Free~Sail On~』1994年

    こちらも、デニース・ウィリアムスに負けず劣らず、いい感じです。デニースより、少しスウェットな感じがしませんか。

     

    それでは、また。#88

     

     



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。