• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日ご紹介するのは2008年公開、ペイトン・リード監督の映画『イエスマン “YES”は人生のパスワード 』です。

 

 

仕事でもプライベートでも「ノー」を連発し、親友の婚約パーティーまですっぽかしてしまう後ろ向き男カール(ジム・キャリー)。生き方を変えようと決心した彼は、いつどんなときも「イエス」と言うルールを自分に課す。その結果、偶然知り合ったアリソン(ゾーイ・デシャネル)から好意を持たれるなど、運気を上げていくカールだったが……。

ハリウッドを代表するコメディ俳優のジム・キャリーが主演。全てに「YES」と答える誓いを立てた男に降かかる出来事を描いたハートフルコメディ作品。

 

 

生きていれば誰しもが直面する「はい」か「いいえ」で答えなければならない選択の場面。もしそんな時「はい」としか言えなければどうなるかという素朴な疑問を見事に映画化。

韓国語を学びながらセスナ機を操縦したり、同僚が主催するハリーポッターパーティーに参加するなどコミカルな描写などもある非常にわかりやすいコメディでス。一方で、見ている自らの人間関係も見つめ直してしまうところも見どころのひとつ。この作品の哲学的な考え方には学ぶところが多いと思います。
見ていてスカッとできる非常に後味の良い作品です。ストレスが溜まりがちな今だからこそ見て欲しい元気の出る作品なので、是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。