• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

今回も調子に乗って、あなたはどっちシリーズ。「悲しき願い Don’t Let Me Be Misunderstood 」をピックアップ。

ぶろっこり 個人的に正直にもうしますと、最初の刷り込みは、尾藤イサオ「だーれのせいでもありゃしない、みんなおいらが悪いのか」ですね。いや、カッコイイ曲だと思いました。で、ディスコ全盛の時期に、サンタ・エスメラルダのディスコ・アレンジを聴いて、懐かしーと思いつつ踊ってました(^_^) アニマルズのヴァージョンはずっと後になって聴いて、ましてやオリジナルがニーナ・シモン姉御とはつゆ知らず。というふうに、他にもたくさんのカヴァーがある曲ですが、みなさんは誰のヴァージョンが浮かびましたか。

 

アニマルズ 1965年

アニマルズ The Animals と言えば「朝日のあたる家 The House Of The Rising Sun 」1964年 です。いつか取り上げたいと思っていますが、翌年にこの曲もヒットさせていますね。

アニマルズは、曲のテンポを速くしてR&B風にするだけでなく、オリジナルのエンディングをギターとオルガンのリフにして、印象的で忘れられないイントロにかえています。エリック・バードンの情熱的なボーカルも少し抑えぎみでクールに聞こえてきませんか。このアニマルズのバージョンは、イギリス、アメリカでもチャートの上位にランクされるヒットになっています。

サンタ・エスメラルダ 1977年

Santa Esmeralda Don’t Let Me Be Misunderstood Esmeralda Suite

ラテン・ディスコ・グループのサンタ・エスメラルダは、アニマルズのバージョンにフラメンコのリズムを加えたディスコ・ナンバーにして、アルバム『悲しき願い』の片面全部を16分の組曲として収録。シングルや12インチ・クラブリミックスは、アメリカやヨーロッパで1位を獲得。日本でもオリコン洋楽シングルチャートで17週連続1位という大ヒットでした。ディスコでは、耳タコと言っていいくらい流れていましたね。アニマルズの朝日のあたる家も同じくカヴァーしてます。また、2003年にはクエンティン・タランティーノ Quentin Tarantino の映画「キル・ビル Kill Bill 」に使用され、リバイバルしています。

ニーナ・シモンのオリジナル 1964年
Nina Simone – Don’t Let Me Be Misunderstood

グロリア・コールドウェル Gloria Caldwell の歌詞とメロディを、ベンジャミン Bennie Benjamin 、マーカス Sol Marcus の2人が完成させて、ニーナ・シモン Nina Simone がアルバム「ブロードウェイ・ブルース・バラード Broadway-Blues-Ballads 」1964年でレコーディングしたのがオリジナル。彼女は、ゆっくりとした力強く個性的なスタイルで歌っていますが、シングルはチャートインしていません。でも、訴えかけてくるものがありますよね。好きです。このオリジナル。これが、この曲の本当の姿かも。

Don’t Let Me Be Misunderstood Nina Simone 1964

Baby, you understand me now?
If sometimes you see that I’m mad
Don’tcha know that no one alive can always be an angel?
When everything goes wrong, you see some bad
But oh, I’m just a soul whose intentions are good
Oh Lord, please don’t let me be misunderstood
You know sometimes, baby I’m so carefree
Oh, with a joy that’s hard to hide
And then sometimes again it seems that all I have is worry
And then you’re bound to see my other side
But I’m just a soul whose intentions are good
Oh Lord, please don’t let me be misunderstood
If I seem edgy,I want you to know
I never mean to take it out on you
Life has its problems and I get more than my share
But that’s me one thing I never mean to do
‘Cause I love you
Oh, baby, I’m just human
Don’t you know I have faults like anyone?
Sometimes I find myself alone regretting some little foolish thing
Some simple thing that I’ve done
‘Cause I’m just a soul whose intentions are good
Oh Lord, please don’t let me be misunderstood
Don’t let me be misunderstood
I try so hard so please don’t let me be misunderstood
No, no, no, please
提供元: LyricFind
ソングライター: Bennie Benjamin / Gloria Caldwell / Sol Marcus

いつもの、ぶろっこり訳です。please don’t let me be misunderstood.

 

ねえ、わたしのこと判ってる?
時々おかしな感じになることも
いつも上機嫌でいられるひとなんて
ひとりもいないって わかるよね
うまくいかないときには 悪いことばかり考えるのよ

私だって そんなに悪い人間じゃない
お願い どうかわたしを誤解しないで

喜びにあふれて穏やかなときもあるし
時には、しょんぼりしてることもあるわ
いろんな面を見て みんなわたしよ

私だって そんなに悪い人間じゃない
お願い どうかわたしを誤解しないで

いらいらしてても 分かってね
あなたに八つ当たりする気なんかないのよ
人生には問題がたっぷり わたしだってそう
本気じゃないのよ だってあなたを愛している

ねえ、わたしだってひとりの人間
みんなと同じように まちがうこともあるわ
独りぼっちで 悔やんでいるのよ
やってしまったつまらないことや、ささいなことを

私だって そんなに悪い人間じゃない
お願い どうかわたしを誤解しないで
誤解したままにしないで お願い

 

ニーナ・シモンが歌うことによって、女性としての「願い」だけでなく、公民権運動の活動家としての「願い」が込められているように思うのは、私だけではないでしょう。この曲が発表された年は、公民権法が制定された年でもあります。

尾藤イサオ 1965年

「悲しき願い」は代表曲。日本語歌詞は、かなえられない恋のつらさを歌ったものになっていますが、ドラマチックでいいです。プレスリーの大ファンで、監獄ロックなどもテレビで歌っていました。まだ、現役ですよね。すばらしい。

他にも、The Moody Blues 1968年、Joe Cocker 1969年、Ozzy Osbourne 1975年、Elvis Costello 1986年、Cyndi Lauper 2003年 などのカヴァーがあります。

けれど、ラナ・デル・レイ Lana Del Rey のアルバム「Honeymoon」2015年 のラストにこの曲、持っていかれちゃいます。だれだ、この曲に「サラブレッド Thoroughbreds 」の映像貼り付けたの。怖すぎるやろ。

Lana Del Rey – Don’t Let Me Be Misunderstood

 

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。#118

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。