• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日ご紹介するのは2018年公開、中島哲也監督の映画『来る。』です。

 

 

第22回日本ホラー小説大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を、『告白』などの中島哲也監督が映画化。謎の訪問者をきっかけに起こる奇妙な出来事を描く。主演を岡田准一が務めるほか、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡らが共演。劇作家・岩井秀人が共同脚本、『君の名は。』などの川村元気が企画・プロデュースを担当した。

幸せな新婚生活を送る田原秀樹(妻夫木聡)は、勤務先に自分を訪ねて来客があったと聞かされる。取り次いだ後輩によると「チサさんの件で」と話していたというが、それはこれから生まれてくる娘の名前で、自分と妻の香奈(黒木華)しか知らないはずだった。そして訪問者と応対した後輩が亡くなってしまう。2年後、秀樹の周囲でミステリアスな出来事が起こり始め……。

 

 

ビジュアルだけで怖がらせにくるホラー映画とは違い精神的にも見るものの心を削って来る作品。

特に前半部分は無自覚にクズっぷりを発揮する夫とそのせいで精神を病み色々とやらかす妻のギスギスしたリアルな人間描写はホラーらしからぬ恐怖が感じられます。

後半は打って変わって超常現象版アベンジャーズと言わんばかりの怒涛の展開。老若男女、様々な除霊のエキスパート達が入り乱れ除霊するビジュアルはまさに除霊エンターテインメント。

怖いホラー映画が見たいと思って面食らってしまうかもしれませんがこれはこれでワクワクできるような作品です。是非一度ご覧になってみてはいかがでしょか。

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。