• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる

東大の問題には、

日常からの問題が多いのです。

 

獲得した知識を、日常の問題として、使いこなせるかと言うことです。

たとえば、

「4コマ漫画のオチを考えろ」

「じゃんけんのグリコで一番勝てるのは、グーチョキパーのうちどれか?」

なんてものもある❗️

 

2015年の地理の問題では、

「メキシコやニュージーランドから多くのカボチャが輸入されるのはなぜか?」

皆さんは、その理由を述べられますか?

 

 

答えは

「カボチャの旬は、夏から秋、そう考えるとどう?」

生徒

「そっか、日本では夏から秋にしか取れないけど、メキシコなら一年中 暖かい。」

「日本が冬の時、ニュージーランドは、夏だ❗️」

 

桜木先生

物事には、意味がある。本質がある。

あらゆる角度から、本質をとらえるんだ。」

そして、

「あらゆる立場にいる人間の気持ちが想像できる」

ようになる、学問とはそのためにある。


そうです😃💕🌟💕🌟

周囲の人間を蹴落とし、自分ばかりのし上がろうとするような、

競争のために勉強するのではないのです。

 

もうもう、全てが、私が毎日、教育について考えていることです😃💕🌟💕🌟

ドラマにしてくれてありがとう😃💕🌟💕🌟

 

日本の教育、

丸暗記中心

同じ問題のドリル練習中心の教育、

そこに大きな石をポーンと投げて欲しいです😃💕🌟💕🌟

 

 

また、第3話のラストでは、

以前、「女王の教室」でも聞いたような、セリフが圧巻でした。

勉強を必死でがんばっている生徒たちに向かって、

「東大なんか行くのやめたらー」と馬鹿にする同級生の集団に向かって、

桜木先生の放つ言葉です。


桜木先生

「お前らが、なんでバカなのか教えてやろうか。

それはな、

お前らが、ものを知らないってことだ。

教科書に載っている知識のことじゃない、

世の中の実態と仕組みを知らないってことが、バカなんだ。

お前ら今、

世界がどういう状況かわかるか?

未曾有の危機だ。

疫病、天災、それによる経済の麻痺、

想像もできなかったことが次々と起きている。

もしかしたら、戦争だって起きるかもしれない。

 

かつての常識はもう通用しない。

もう何が起きたって、不思議ではないんだ。

 

そうなったとき、お前らが住んでいるこの国は、何が一番必要になってくるかわかるか?

 

金だ❗️ 税金だ❗️

 

国はな、お前らにはバカなままでいてほしんだ。

それが本音なんだ。

 

何にも疑問も持たず、

何も知らないまま、

調べないまま、

 

ただひたすら制度に従い、働き続け、

金を払い続ける国民であって欲しい。

 

それを別の言葉で言い換えると何だ?

 

馬車馬だ。

 

国は、お前らには、ただひたすら黙々と馬車を引く馬車馬であってほしいんだ。

その方が都合がいいからな。

 

 

世の中は平等だ、国民は自由だ、差別なんか一つもない、

そうすり込まれてきた。

 

だが、実際はそうではない。

 

どんなに努力しても、

どんなに力を振り絞っても、

本質を見抜く力がなければ、

権力者と同じ土俵にすら立てないんだ。

 

ルールを作っている奴らは、

この状況がおいしいから、こういう仕組みにしているんだ。

 

自分は関係ないなんて言っていたら、

一生だまされて、

高い金を一生払わされ続けるぞ❗️

 

なぜ社会は、こうなっているのか。

誰が、どんな意図で、この仕組みを作ったのか、

 

本質を見抜き、

自分なりの答えを出す力をつけろ。

 

その時、始めて、

馬車馬は、人間になれる。

 

そのためには、勉強するしかないんだ。

 

勉強というのは、この国で許された、唯一の平等なんだ。

搾取されるだけの人間になりたくなければ、

不満ばかり言う人生を送りたくなければ、

お前ら勉強しろ❗️

 


すごいセリフを、TVドラマで言えましたね😃💕🌟💕🌟

今のままでいい、

何も考えたくない、

何も行動したくない、

そんな、コンフォートゾーンから抜け出せない日本人全てが、何度も聞くべき言葉だと思います。

 

皆さんもぜひぜひ、ドラマをご覧になって、感想を聞かせていただければ嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

 

 

 

 

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。