• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

英語で視聴できる韓国ドラマシリーズ❗️ 今回,ご紹介するのは,

【シーシュポスー The Myth】

ハードボイルドな本格SF,

タイムリープ,核戦争後の地球,を描いた力作です😀

 

 

クリストファー・ノーラン監督の,

映画「TENET」や、「インターステラー」、

古典SF「砂の惑星〜DUNE」、

SF長編小説「三体」を連想させるような,

 

 

壮大な時間の流れをテーマにした,

本格派SFドラマです。

 

 

 

核戦争後の地球は,

まさにディストピア❗️

荒廃して,

あちこちには、核戦争で亡くなった人たちの骸骨が散乱。

 

 

 

 

暴徒と化したグループとの血で血を洗う抗争,

その中で,

主人公の一人、若く美しい女性、ソヘは、

もと警察官の父から,

射撃や身を守る術を身につけています。

 

 

ソヘのアクションは、

まさにハードボイルド。

特別な飛び道具もなく、銃だけで戦う様子は、

映画「ジョン・ウィック」のようなストイックさです。

 

 

未来社会から、

アップローダーという,

過去へ戻ることができる機械に乗り込む,

主人公の少女,ソヘ。

 

このアップローダーに乗る勇気のある人たちには、

「怪我も、死も、責任を負わない」

とアナウンスが流れます。

 

 

 

ソヘは、過去へ、

この悲惨な未来を救うことができるかも知れない?!

運命の人物、

天才エンジニア、テスル、

を探しに向かうのです。

 

 

ドラマは、ヘソが過去へと向かうシーンと、

天才エンジニア、テスルが飛行機事故にあう緊迫のシーンから始まります。

 

 

 

このテスルという人物も、

天才だけあって、

子供の頃から、周りの人々から妬まれ、理解されず、

また本人もナルシストっぽくて、得体が知れません。

テスルの子ども時代が可愛い

 

 

ストーリー自体も、

現在と未来が、並行して進んでいき、

映画「TENET」や、「インターステラー」と同じく、

SNS上では、「わけからん」と呟いている人も多いようです 笑笑

 

 

 

しかしエピソードが進むにつれ、

ストーリーの巧みさに引き込まれていきます❗️

 

 

視聴者は、騙されまくり(´▽`) ‘`,、’`,、

 

 

私は、ドラマを見ながら時間の流れを深く感じて、

自分の未来、家族の未来、地球の未来などに没頭してしまいました。

 

 

そして、

時の流れは、

心に痛い❗️

 

 

今、可愛い瞳の赤ん坊も、この先50年後、100年後には、どうなるのか、

自分自身も、100年後、200年後の死んだ後は、愛する人たちはどうしているのか、

 

 

そんな思いが、沸々と湧いてきて、

本当に、雄大な時の流れ、宇宙の中での孤独を感じました。

 

エピソードの中では、

 

 

テソが、なぜ過去へと来ることになったのか,

その使命を知ることになるシーンで、

あまりの予想を超える設定に、

「え?!」

「うそー!」

としばらくその事実を(物語の中ですが)納得するのに時間がかかりました。

 

 

 

ラストシーンも、意味深で、

TENETのラストのように、

視聴者の思いに、任せられているのも良いところです。

 

 

本当に、おすすめのドラマです。

SFを見るのは、

未来に思いを馳せ、未来を知るために、ユースフルです。

 

 

数多くのSF小説の世界が、現実となっていますね。

 

 

 

みなさんも、是非是非、この本格SFをご覧になって、

未来について考えてみてください。

 

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟
この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。