• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

「レゲエ」というジャマイカの音楽が、まだ世に知られていなかった頃
わたしたちに、その存在を強烈にアピールしてくれたのが
ジミー・クリフ Jimmy Cliff 主演のジャマイカ映画「ハーダー・ゼイ・カム The Harder They Come」と
エリック・クラプトン Eric Claptonが、アルバム「461 Ocean Boulevard (1974) 」 でカバーした 「I Shot The Sheriff」でした。

そして、レゲエのリズムにわたしたちは完全にノックアウトされたのです。

その後、レゲエの神様と出会うことになりますが、それはまた別の話。



さて本題の、Jimmy Cliff の I Can See Clearly Now です。

ジミー・クリフはジャマイカ出身の国民的レゲエ・シンガーであり俳優。1962年に14歳でデビューし、数多くのヒット作を連発、主役を演じた映画「The Harder They Come」は世界中でブレイク。ジャマイカとレゲエを全世界に浸透させました。

「I Can See Clearly Now」はアメリカのレゲエ・シンガー、ジョニー・ナッシュ Johnny Nash の作品を Jimmy Cliff が、カヴァーしたもの。南国ジャマイカのボブスレーチームの奮闘を描いたコメディ映画「クールランニング cool runnings 」1993年 の主題歌としてリリースされました。親しみやすいメロディと歌で人気を集めたヒット作で、いろいなミュージシャンが歌っています。

I Can See Clearly Now Jimmy Cliff  1993

I can see clearly now the rain is gone
I can see all obstacles in my way
Gone are the dark clouds that had me blind
It’s gonna be a bright (bright)
Bright (bright) sunshiny day
It’s gonna be a bright (bright)
Bright (bright) sunshiny day
Oh, yes I can make it now the pain is gone
All of the bad feelings have disappeared
Here is that rainbow I’ve been praying for
It’s gonna be a bright (bright)
Bright (bright) sunshiny day
Look all around, there’s nothing but blue skies
Look straight ahead, there’s nothing but blue skies
I can see clearly now the rain is gone
I can see all obstacles in my way
Here is that rainbow I’ve been praying for
It’s gonna be a bright (bright)
Bright (bright) sunshiny day
It’s gonna be a bright (bright)
Bright (bright) sunshiny day
Bright (bright) bright (bright)
Bright sunshiny day
It’s going to be a bright (bright)
Bright (bright) sunshiny day
It’s gonna be a bright (bright)
Bright (bright) sunshiny day
It’s gonna be a bright (bright)
Bright (bright) sunshiny day

ソングライター: Johnny Nash
アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ 歌詞 © Warner/Chappell Music, Inc

雨がやみ雲は晴れた、行く手を遮るものは何もない。世界は明るく輝いている。

MVも、いろいろな問題が解決してすっきりと解放された、すがすがしさに満ちあふれています。軽快な気持ちになれること請け合いの曲です。みんなで声をそろえて歌うのにもぴったりなのではないでしょうか。

それでは、また。#7

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。