• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

イギリスのロック・バンド 「クイーン Queen」 とフレディ・マーキュリー Freddie Mercury の半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディー」が先日公開されました。それを記念して、今回は、名曲「ボヘミアン・ラプソディー」を取り上げたいと思います。

「ボヘミアン・ラプソディ」 Bohemian Rhapsody Queen  1975
アルバム『オペラ座の夜』に収録された Freddie Mercury フレディ・マーキュリー作の楽曲。演奏時間が6分と長かったのですが、シングルカットされ、世界中で大ヒットしました。本国イギリスのシングルチャートでは9週連続1位を獲得、イギリスで最も売れた曲とされています。フレディの圧倒的な歌唱力に加えて、曲の構成もオペラ風で、冒頭から順にアカペラ・バラード・オペラ・ハードロック・バラード(繰り返し)と、まるでゴシック様式のような荘厳なつくりになっています。ライヴでも再現できなかったというコーラス部の録音は、オーバーダビングとピンポン録音を繰り返することによって声が重ねられていて、大合唱しているように聞こえます。(映画の中でも描かれているようです)

TV出演できないかわりにつくられたというビデオは、世界初のプロモーションビデオと言われていて、メンバーが暗闇の中で並んでいるシーンは大変印象的です。わたしも、MTVでこのビデオを見たとき、その映像に目が釘付けになりましたね。

Queen の音楽やフレディの声には、聞くものを突き動かすような衝動が込められている気がします。心の根っこの部分を鷲づかみにされる感覚と言ったらいいでしょうか。平穏な心持ちではいられなくなるような、気持ちが高ぶる感じです。Queen の伝説的なライブ・パフォーマンスもその故なのでしょうか。イギリスでは人気が高かった Queen ですが、HIV合併症が元でフレディが死去した1992年には、さらに世界中でクイーンの人気が高まることになり、その後も活動が続いていましたね。

この「Bohemian Rhapsody」の歌詞は、フレディ・マーキュリーが同性愛者であることをカミングアウトした曲だという人もいますが、メンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーは、フレディは歌詞の意味をはっきりと言わなかったといっています。フレディのみぞ知るというところでしょうか。
曲名に加えて、Scaramouche・Galileo figaro・Bismillah!・Beelzebubなど、特徴的な言葉がちりばめられ、楽曲のオペラ風な構造と相まって、圧倒的な世界観で迫ってきます。

Bohemian Rhapsody Queen

Is this the real life-

Is this just fantasy-

Caught in a landslide-

No escape from reality-

Open your eyes

Look up to the skies and see-

Im just a poor boy,i need no sympathy-

Because Im easy come,easy go,

A little high,little low,

Anyway the wind blows,doesnt really matter to me,

To me
Mama,just killed a man,

Put a gun against his head,

Pulled my trigger,now hes dead,

Mama,life had just begun,

But now Ive gone and thrown it all away-

Mama ooo,

Didnt mean to make you cry-

If Im not back again this time tomorrow-

Carry on,carry on,as if nothing really matters-
Too late,my time has come,

Sends shivers down my spine-

Bodys aching all the time,

Goodbye everybody-Ive got to go-

Gotta leave you all behind and face the truth-

Mama ooo- (any way the wind blows)

I dont want to die,

I sometimes wish Id never been born at all-
I see a little silhouetto of a man,

Scaramouche,scaramouche will you do the fandango-

Thunderbolt and lightning-very very frightening me-

Galileo,galileo,

Galileo galileo

Galileo figaro-magnifico-

But Im just a poor boy and nobody loves me-

Hes just a poor boy from a poor family-

Spare him his life from this monstrosity-

Easy come easy go-,will you let me go-

Bismillah! no-,we will not let you go-let him go-

Bismillah! we will not let you go-let him go

Bismillah! we will not let you go-let me go

Will not let you go-let me go

Will not let you go let me go

No,no,no,no,no,no,no-

Mama mia,mama mia,mama mia let me go-

Beelzebub has a devil put aside for me,for me,for me-
So you think you can stone me and spit in my eye-

So you think you can love me and leave me to die-

Oh baby-cant do this to me baby-

Just gotta get out-just gotta get right outta here-
Nothing really matters,

Anyone can see,

Nothing really matters-,nothing really matters to me,
Any way the wind blows….

Writer(s): FREDDIE MERCURY

mama mia (マンマ・ミーア) というコーラスが耳に残りますが、イタリア語で、”My mother !”= Oh, my god !という意味だそうです。なんてこった。 映画も Queen のヒット曲が満載されているようなので、早く見てみたいものです。

それでは、また。#9

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。